ニスタマワシメ。琴羽です( 'ω')


前回、前々回に引き続きまして、アシンメトリーの曲の解説でございます( 'ω') 

◇その①…time waits for no one
◇その②…スティグマ

アシンメトリー_外側_オモテ-01


三曲目は「うたかたの夜」でございます( 'ω')
仮タイトルは「まほろばの夢」だったんだけど、蓮にどっちが良い?って聞いたら現タイトルになりました( 'ω')

うたかた…つまり泡のようにパチンと弾けて消えてしまう、そんな儚い夜の歌。
歌詞はある程度の風景の提案はしたけど、基本的にお任せ( 'ω')


僕が作った曲なので、バックグラウンドの解説も併せて。
これは去年の春くらいかな…?に出来た曲。



というわけで初お披露目はどうやら8月のご様子。

うたかたの夜はラテン系のビートにお祭り感をプラスした曲。
バタフライにもラテン系の要素は入れてるけども、バタフライとはまた違って聞こえるはず。
バタフライはもろに夜な感じがするけど、うたかたの夜は18時とか19時くらいのイメージ。地平線にほんのり陽が残ってる。



実はAメロやサビではキーが違いまして、転調を繰り返してます( 'ω')
こういうのって気付かれないように仕組むのが僕的には美徳でございます( 'ω')
転調ってハッとさせるものが多いので、それをメロごとに目立たせてしまうとクドいように思うのです。だからこっそりと。

イントロのキーはB♭m。AメロのキーはFm。BメロとサビはAメロのキーをそのままメジャーにしてA♭。
イントロのコードはFmとG♭の繰り返しで、FmのコードはAメロのキーでも共通して使えるのでそのままヌルっと気付かれずに転調。
サビの終わりもFmとかFなので、共通項としてそのままイントロのFmへ。

この辺は全く無意識で、頭の中の音を並べた結果を理論的に説明しようとしたらこうなる、って感じ。
あと、僕の場合はどっかの曲のコードをそのまま拝借するって事もしません。コードを聴き取って…ってやるよりも自分でクリエイトした方が時間が掛からないから。

Bメロの下るコード進行も、コード名にするならば「Dm add♭13 -5 -D♭6 -C -Bm - Bdim」なんだけど、理論で説明するとまぁ複雑で。Dから半音ずつ下っていくコードにマッチする音を選んだらこうなって、それをコード名にするとこうなりますよ、って感じ。


うたかたの夜に関してはイントロからサビまで全部すぐに出来たので、理論はほぼ後付けだね( 'ω')
でもちゃんと最後に理論を当てはめて、しっかり筋が通ってるかは確認します。検算みたいなものだね( 'ω')
理論って知ってるに越したことはないからさ。英語だって書けなくても話して通じればコミュニケーションも取れるけど、スペルだったり文法を知ってるに越したことはないでしょ?そんな感覚( 'ω')


というわけで、うたかたの夜の視聴ツイートも一緒に載せときます( 'ω')




うたかたの夜はスティグマと一緒でライブで育ってきた曲。
ライブでずっとやってきて、アシンメトリーに入った曲。だからスティグマと一緒でここで一つの完成形として。

タワレコで売ってるオムニバス「Do It Yourself」にも入ってるけど、こちらはアシンメトリーとはまた違ったテイストになってます( 'ω')
「うたかたの夜」は曲全体を通してなんというか足が付かないような感覚になると思います。分かってくれると嬉しい( 'ω')w


ライブでもめっちゃやるのでぜひ生と音源を聴き比べてみてほしい( 'ω')

―――――
◇メトホロ通販サイト◇
https://metoholo.thebase.in/
↑ここから色々買えます!遠方の方も是非!
―――――
◇ライブ予定◇
 ~アシンメトリーツアー~
2/26(日) 藤ヶ丘Music Farm
3/8(水) 長堀橋WAXX
3/17(金) 新栄HeartLand
3/25(土) 柴田@-hill
3/26(日) 柴田@-hill
4/3(月) 下北沢ReG
4/14(金) 伏見JAMMIN'
 ~ツアーファイナル主催~
4/22(土) 八事SOUND NOTE

――――――――――
琴羽(kotoha)