メトロホログラフィー。公式ブログ

名古屋で活動中のCityRock(シティロック)バンド「メトロホログラフィー。」の公式ブログ。主にメンバーが更新。お知らせ、日常など。

カテゴリ:作成者 > 琴羽(Keyboard)

この前の藤が丘MusicFarmでのライブ後に食べたラーメンがおいしかったので備忘録。
別に僕はラーメンに関して特にハードルが高いわけではなく、割と何でも「あー、おいしいわー」って言っちゃうタイプの人なので、本当においしいかどうかはご自身で( 'ω')責任持ちません( 'ω')w

ライブ後ってラーメン食べたくなりますよね。仕方ない。バンドマンだもの。ことを。
藤が丘って電車の終着駅だし、名古屋市の外れとはいえ駅周辺って盛り上がってるんですよね( 'ω')
というわけで飲み屋さんから夜のお店、そしてラーメン屋も多いのよ。ちょっとした激戦区。
駅の裏側、表通り、高架下。一本筋に入ったところにちょっとひっそりした場所にたたずむタイプの店構えまで、色々とあるのです。


とかく、夜遅くまでやってるラーメン屋さんってありがたい。
普通だいたい飲食店って23時か24時くらいで閉まっちゃうのね。理由は簡単で、働いてる人が終電で帰れなくなるから。働いてる人だってみんながみんな家が近いわけじゃないし、そうなると終電の時間で一気に従業員が少なくなる。そのあとの時間はいわゆるワンオペになる店舗が多い。
だからそろそろ名古屋は終電を夜中2時くらいにしてほしい。。しないってことは色々と問題もあるんだろうなぁー。


藤が丘は住宅街だし、きっと従業員も近隣の方々が多いのじゃなかろうか。(たぶん)
だから遅くまで営業して終電が無くなっても大丈夫、と。車で通ってる人も少ないだろうし。
そんな店舗はバンドマンからしたら最高なお店なのです。
今回は何店舗かある中から「らーめん一騎」をチョイス。

DSC_0269_DIAGONAL


完全に初見でイン。
基本的にネットで検索してから入るんだけど、でも口コミとかまではあんまり見ないかなぁ。好みが出るし、日によって違ったりするし。
口コミが悪いけど、別においしいパターンもあるし。逆に口コミは良いのに自分が行ったときにたまたまヒドい場合もありますし。
とは言っても完全に下調べも無しで行くと、インスパイア系の専門店だったり中華そばしかなかったりと…その時のメンタルと違うモノに当たってしまうことも。なので、大まかなラーメンのジャンルだけは把握していたいのです( 'ω')




今回の「らーめん 一騎」は味噌。
味噌ってね…難しいんですよ…。

僕的には塩より難しい味だと思っていて。
60点以上の味噌ラーメンってめっちゃ多いんだけど、80点以上の味噌ラーメンって無いようなイメージ。
味噌味は好きだけど、期待しすぎると「うーん…」ってなるやつ。だから最近食べてなかったんだけど、まぁでも興味あったしログイン。


看板メニューの味噌ラーメンは北海道味噌ラーメンとのことで。
まぁ北海道といえどピンキリなのだけど、初来店ですしやっぱり看板メニューをば!

到着するまでは餃子をぱりぱりつつく。
羽がすんごい( 'ω')

DSC_0271


そして満を持して到着( 'ω')


DSC_0272


スープ表面に結構しっかりと油の層が。
油そのものには癖が無いから、逆に味噌と合わさってマイルドにすら感じる( 'ω')くどすぎない。
ショウガは特に個性を感じなかったけど、まぁ味噌と相性良いだろうなって感じ。
チャーシューが割と良き。

油の層のおかげで熱が逃げにくく、最後まで割と熱々なままでございまして( 'ω')
すばらしい。でも僕は猫舌だからちょっと苦戦しつつ( 'ω')



でも総合的においしかったですよ( 'ω')
また行きたいと思える( 'ω')

他にも色々と味があったりまぜそばもあったので、また行ってみたい。藤が丘でライブするときにまた行く…かも…?( 'ω')
しかし他にもラーメン屋さんはたくさんあったから、まずはそちらを巡ってからかなぁー( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)

ライブの日の食事。お昼ごはんは絶対にステーキなのは何度か触れてる通り( 'ω')

IMG_20180415_153548


牛肉を200g程度摂取。
お米や副菜はこだわらないけど、満腹になりすぎない程度に。
あとは消化のために本番4時間前までに食事は終える。本番に近すぎると消化に体力を使っちゃって最高のポテンシャルを発揮できないからさ。そもそもお腹いっぱいだとライブ中に出ちゃいそうになるし( 'ω')w

きっと牛肉である必要は必ずしもないんだけど、でも毎回同じルーティンにしていたいのね。
例えば牛肉を食べない日があったとして。その日に何かしらライブでミスったとしたら、僕はきっとそのミスを「ああ、牛肉を食べなかったからだな」って思ってしまう。
他も同じで、例えば睡眠時間やウォームアップ。その辺も統一したい。
逆にライブの会場やそういう環境の違い…つまり「自分でコントロールできない範囲」は変わっても大丈夫。
でも自分でコントロールできる範囲に関してはなるべく毎回統一しておきたいなと思うのね( 'ω')
別にちょっとでも違うとダメになる、とかじゃなく。ただ、自分が他の要因を言い訳にする隙を無くしたい。自分のミスに対して自分で責任を持ちたい。




そして。
最近はライブ後にラーメンを食べるのもルーティン化してまして…( 'ω')
いや、これは別にライブのコンディションとは何ら関係ないんだけどもさ。
ただ、ライブ後ってラーメン食べたくなるんだよね。何でなんだろうね。

IMG_20180416_011021


あとバンドマンってラーメン大好きだよね。
バンドマンだからラーメンが好きなのか、ラーメンが好きだからバンドマンになるのか…。

そんなわけで僕も清く正しいバンドマンとしてラーメンをいただいてるわけですが、いかんせんライブ後にラーメンを食べるとなると時間もかなり深まっておりまして。深夜にやってるラーメン屋さんなんてだいたい藤一番とうま屋くらいしかなくて悩んでおります。もうそろそろ飽きてきた…。
この前藤が丘で食べたラーメンは割とおいしかった!味噌ラーメン!


藤が丘とか栄あたりなら結構候補はありそうなんだけどねぇ…。
まぁとりあえずオススメなラーメン屋さんがありましたら教えてください( 'ω')
気が向いたら行く可能性がゼロでは無いです。



――――――――――
琴羽(kotoha)

定期公演でございました( 'ω')

久しぶりのフリージアをやったりもしたロングステージ。
どうでしたでしょうか?( 'ω')

ロングステージじゃないとバラードをやっちゃいけない、という決まりは無いけども。
でもフリージアに関しては例えばじゃあ「今日は5曲やろう」って時に流れとして組みづらい。
今回みたいに7曲やったうちの一つとしてなら全然アリなんだけどね。

IMG_20180415_200944



メトホロ、だんだんと改修が進みまして、空いていた穴はもうふさがったんじゃないかなと思っております( 'ω')
ステージもそうだし、グッズのレパートリーやそういう面でもだんだんやりたい事をすばやくカタチに出来るようになってきた。これは人数が少ないメリット。
でも、単純に猫の手を借りたいくらいな時もあって、それが人数の少ないデメリット。

ちょっと前までは「マイナスをゼロへと戻す作業」が多かったんだけど、今はちゃんと「ゼロからプラスにする作業」が出来てる。
だってこんな所でくじけてたらなんかムカつくじゃん。自分に対して「その程度か」ってね。


自分の限界はまだまだ先にあると思ってる。もしも自分の限界に気付くときがあったとしても、そこからがある意味では本当のスタートだと思ってる。
とりあえず、自分で出来る範囲の事は全部したいんだ( 'ω')
それで、納得して、進みたい。




次のライブはお久しぶりのツアー3days。
東名阪でございます( 'ω')
メトホロとしても久しぶりのツアー。楽しみ。

――――――――――
琴羽(kotoha)

ミュージックファーム。見に来てくれてありがとう( 'ω')

20180412_180239


いつ振りのミュージックファームだろうか。前に出たのが何年も昔の事のように感じちゃった( 'ω')
前に出たのは多分10月で。そこから公私共に色々ありすぎた( 'ω')

久しぶりだったけど、変わらずにそこに在り続ける場所。
戻って来るたびにライブハウスがそのままそこに在るのは、僕にとってはとても重要な事。そして嬉しい。
僕らは変わり続けてるけど、こうしてまた戻ってこれた。いや、もしかするとライブハウスだって変わり続けてるのかも。形を変えても、ずっとそこに在る。



2人でライブを始めてから、1ヶ月弱が過ぎた。
色々と模索しながらのライブ。まぁ僕は自信家ですし、別に「あーもう駄目だ…」とかならないタイプだから然して問題では無かったんだけど。
でもまぁ初めての事とかも多くて、色々と探りながらのライブも多かった。そして今日、やっと一つの確信を得た。

このまま、この道でいけるな、って。



自信が無かったわけじゃない。
この道しか無かったわけじゃない。

僕は最初に理由や動機、そしてメカニズムを検証するような「石橋ガンガン叩きタイプ」なので、その道に進む以上ある一定以上の自信と根拠を常に持ってる。
なおかつ、一つしか道が無くてやむを得ず今の手法を選んでるわけじゃない。一つしか選択肢が無い状況は他と比較が出来ないから割と危険な綱わたりになりうる。

その進み始めた道に対して、今日のライブで確信を得た。
今日のライブを以て、今までトライ&エラーを繰り返してたシステムにやっと不安要素が無くなった。
これで今後は自分のプレイに全力を注げる。これでますます強化される。

リリースやツアーも決まってて、他の方面でもどんどんパワーアップしていってるところ。
今はまだまだかもしれないけど、僕はこの道を進むよ( 'ω')







次は今週末!柴田アヒルにて( 'ω')
20180415-01

あーはん( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)

本日は「ソル」に収録されている2曲目を( 'ω')


image

これねー、昔ワンコーラスの状態で持ってきて、その後ちょっと練習したけどそのままお蔵入りしてた曲なんですよね( 'ω')
結構そういうのが多くて、単純に練習が間に合ってないパターンがほとんど。
そういう制約が無くなったから、新曲を出す速度は凄まじく上がってて。本気を出したら1ヶ月で全く別のバンドになれちゃうくらいの曲が生まれる。でもそれはあまり意味を感じないのでやらないけどさ。


色々あって、リリースの件を考え直した折に、「じゃあドラムも含めて全部打ち込みの音にしよう」ってなったのね。
でもそれだけだと弱い、って思っちゃって。メンバーの人数が2人になって、それをパワーダウンと見る人がほとんどなのは分かってる。だからこそ、そのまま4曲入りシングルをただ出すだけじゃ弱いな、って。

まず、「いや、一曲増やそう」って話をして。
ここでNamidaが増えました。実はもともと3rd singleのリードトラックとして入れる予定だったNamida。一回間に合わないって話になって白紙に戻したんだけど、でも二人ならいける、ってなって復活。
でも「んー、でも1曲だけ増やすのって、なんかキリ悪くない?」という謎の僕の発言により、ダメ押しのもう1曲追加。それがこの「約束」なのでした( 'ω')


追加しよう、ってなってから制作を始めて。
まずそもそも1コーラスしか無かったから、フルコーラスを制作。その後歌を録って様子を見ながら他の楽器も配置。


まずはストリングスをいい感じに。キュートでしょ?バイオリン2人とヴィオラ2人とチェロ1人のストリングスでシンプルに。
弦楽隊は人数をシミュレートする感覚を持つと、よりオーケストレーションに近づくのでおすすめ。単純に「ストリングス」として扱うんじゃなくて、バイオリンが何人いてヴィオラは何人いる編成なのか…とかね。室内楽なのか、オーケストラなのか、とか。景色の見え方もかなり変わってくるはず。

バンド楽器系は結構バンドらしい動き、演奏を。実際にやって楽しいな、って感じのフレーズを意識。
僕はベースもドラムも触れる人なので、割とそこまで無理のあるフレーズは詰め込まない。人間味のある、ちょっと温もりというか温かみを感じれるようなサウンドになってるはず。

ピアノは割とバッキングに徹してる。
ピアノの音は目立つようにはしてるけど、飛び道具や高音域でのフレーズはかなり少なめに。
そういうギミックの面ではかなり落ち着いた曲になっております( 'ω')


コードワークはちょっとおしゃれ感を出してみまして。
でも僕は理論で組み立てるのが好きじゃないので、例えばイントロや間奏の真ん中あたりのあのコードは、上のバイオリンの音が決まって、そこから連想される音をそのまま組み立てたらああなった、って感じ。
構成音がどうのこうの…みたいな作り方は好きじゃないので。もちろん最後のチェックとして検算のような使い方はするけどね。最初から理論で固める音楽はあんまり好きじゃない。わくわくしないから。



そんなこの新曲。春っぽい仕上がりになってるんじゃないかなーと。
何かがヒラヒラ舞ってる並木道の連想をしていただけたらベスト。近くに川のせせらぎなんかあったりしてね。春か秋だな。


風景も連想しつつお楽しみくださいませ( 'ω')

通販もしてるよん( 'ω')
https://metoholo.thebase.in/

――――――――――
琴羽(kotoha)




このページのトップヘ