メトロホログラフィー。公式ブログ

名古屋で活動中のCityRock(シティロック)バンド「メトロホログラフィー。」の公式ブログ。主にメンバーが更新。お知らせ、日常など。

カテゴリ:作成者 > 琴羽(Keyboard)

ライブありがとうございましたー( 'ω')
今回もありがとう。今週は3回もライブがあったからなんだかたくさん会えましたな( 'ω')
人と接するのは嫌いじゃないのでどうぞお気軽に( 'ω')

月曜のサウンドノート、金曜のジャミン、そして日曜のアヒル。
新体制のメトホロ、まだまだ粗い部分もあったと思うし、色々とブラッシュできそうな点も見つかってきたので整えます。人数は減ったけども、絶対パワーダウンだと思わせたくない。

事実として、人が減るのはイコールパワーダウンではある。そりゃそうなんだけどもね。
でも、それをカバーする事は出来るはず。いや、出来ると信じてる。
「しなきゃいけない」とも思ってるけども、あまり焦燥感や使命感はなくて。そうじゃなくて、あくまでもこれが僕らの選んだ一つの答えなので。




そして昨日のライブはなんと、僕と蓮の二人でしっとりと。
アコースティックなスタイルでお届けしました。

このアコースティック形態は今回トリだったshinji君からのオファー。
特にピアノと歌、とかの指定は無かったけども、多分ベースが居ないメトホロを気遣ってくれてのオファー。そんなオファーを受けて、今回はピアノと歌でシンプルに行きました。


基本的にしっとりとお届けしました( 'ω')
ただし、僕という人が演る以上、そこには拘りまして。

アーティストが関わるならば、オリジナリティを出せないと意味が無いと思っていまして。
それはプレイスタイルだったり、華だったり、演奏技術だったり、トークだったり、まぁ色々だけども、でも「そこに居る意味」というかそういうモノが出せないならばだれがやっても同じだと思ってる。
何ならカラオケにしちゃえば演奏ミスも無いし、それはそれで完成されたステージだと思ってる。

だからまずはそのボーダーを超える。
僕がやる意味。必要性。存在意義。価値。
それをテーマに詰め込みました。


1曲目はしっとりと蜜会。ジャズ色を少し減らして歳取った感じにしました。オールドな感じで、セピアな部屋でロッキングチェアに揺られてるようなイメージ。

2曲目は紙ひこうき。このバージョン、個人的に結構お気に入りで。都市の冬、って感じ。「この街にもまた冬が来た」をテーマに、昨日外をぶらぶら歩いて音を拾って作りました。リハーサルで初合わせ。ちょっとコードを調整して、完成。

3曲目はバタフライ。ラテンのフレーバーを添えて。

4曲目はフリージア。しっとりとした原曲のイメージを崩さないようにしつつ、ちょっと店舗を上げてボサノバっぽく。

5曲目からは解放。うたかたの夜。ニュースのサッカーのコーナーのテーマソングをちょっとイメージしつつ。ちょっとスパニッシュを入れつつのフレーバーで。

6曲目はスティグマ。スティグマを弾き語るとは。
さすがにこの曲とミミックは練習したけども、難しい。技巧的でした。ピアノやってて良かった。

7曲目。ミミック。ミミックを弾き語るとは。
ピアノという楽器一つでここまで表現は出来ます。



さて。
弾き語り…ピアノと歌の時には気を付けるべき事がいくつかありまして。

これはピアニストがやりがちだけども、歌を邪魔しない事。
ピアノってそもそも一人で完結する楽器。それゆえにピアノで上から下まで全部出そうとしがち。むしろピアノしかやってない人なら「高音も低音も全部出さないと落ち着かない」病の人もいるかと。これは上手いピアニストに多い。
上手ければ上手いほど、バンドやアンサンブルとは離れていく。他人を聴く事になれないとね。

逆にキーボーディスト向けには、リズムを打ち出す事。
キーボードは逆に一人じゃ完結しない。足りない所でちょこちょこ足すようなスタイルがメインで、Aメロは弾かないとかもあるもんね。だから自分一人しか音がない時にはその頭の中で鳴ってるリズムを指で表現しとかないと伝わらない。

僕はピアニストとキーボーディストのハイブリッドなので、良い感じのバランスで。
おい誰だ今どっちつかずって言ったの( 'ω')



昨日の演奏をこなすにはピアノのスキルも必要だし、キーボードの同調性も要るし、という感じ。
まぁしかしそんな小難しい事を常に考えてると目先のプレイに集中できないので、経験と感覚とカンですよね( 'ω')

たとえば紙ひこうきなんかは蓮の声に合わせて抑揚を付けてみました。呼応するように盛り上がったので結果良い感じ。
こうやって互いの状況を汲みながらライブを作れると良いよね。みんなの盛り上がりも感じました。

不思議だよね、座ってるのに。確かに盛り上がりを感じた。手応えがあった。



という感じで昨日は色々と再発見もありつつ、提案者のshinji君も満足させられて( 'ω')w
良かったんじゃないかな。



ちなみにこのバージョン、再演の予定は一切ございません。ライブはナマモノです( 'ω')
とか言って気が向いたらやるかもしれないし、ふんわり誤魔化しつつ金輪際やらないかもしれないし。
それを今ここで断定は出来ないけども、色んな可能性があり、色んな選択肢がある。ただ、再演率はかなり低い。
そこはライブ会場に足を運んでくれた人とのアドバンテージを付けたい。みんなにやさしくしたいけど。
なので、当日のLive Discはかなりレア。7曲入って400円だしね。
その場その場での息遣いを感じてもらえれば( 'ω')






ライブの後はラーメンで〆。

image
お疲れっす、うっす( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)

















ボジョレーヌーボー解禁!やったね!!( 'ω')

ボジョレーヌーボー。日本人が沸くイベントの一つでございます。
普段ワインを飲まないけどボジョレーだけは飲むって人。多いと思います。
ワインを常飲する人からすると「ニワカ」だとか思われてアレだったりするかもしれないけども、僕からすればむしろワインを常飲しない人にこそ飲んでほしいのがまさしくボジョレー。



そもそもボジョレーヌーボーとは。
その年の摘み立てのブドウを使ったワインでして、まぁ日本風に言えば新米ですよな( 'ω')
11月の第3木曜日に解禁なんだけども、収穫から解禁までに通常の製法じゃ間に合わないので、ヌーボー仕様の醸造法にて。
なので、ビンテージのように複雑な味わいは無く、ワイン慣れしてない人でも飲みやすい爽やかな風味。

ちなみに普通のワインはワインセラーで管理する事で熟成するんだけども、製法的な違いのせいでボジョレーヌーボーは劣化するのみらしい。
だから「去年のボジョレー、取っといたぜ!」みたいな飲み方はただ単に味が落ちてるだけなので避けた方が良い、と( 'ω')ボジョレーに関しては出来立てが一番。




でね、ボジョレーがオススメな理由としては。
まずは書いた通り、飲みやすさもある。あっさりしていて渋みも少ない。赤ワインが苦手な人にもおすすめ。
そしてもう一つ。料理に合わせやすい。芯のしっかりした赤ワインって料理に合わせにくいんです。最終的に肉か煮込み料理にしか合わないんじゃないか…って感じ。

しかし!ボジョレーは何でも合う!
チーズやサラミ、生ハムはもちろんの事。ドライフルーツ、ジャーキー、スナック菓子、チョコレート…。この辺のおつまみはほぼ全部合う。
魚料理にも合わせられて、特にムニエルや揚げ物にも合う。てんぷらにも合うよ( 'ω')

味噌おでんやカレーとも合うので、ぜひぜひ。ボジョレーヌーボー、味は軽いが懐が深い。


醤油や味噌と合うので割と日本食とも合わせやすい。
唯一焼き魚が微妙かなぁ。悪くないんだけど、他に色々合う料理があるしせっかくだからそちらと…みたいな。




昨日のライブでは、会場入りしたあとにりょーたと飲んでましたよ( 'ω')

image

ボジョレーヌーボー!
どこでも買えるジョルジュのボジョレー。サントリーが扱ってるボジョレーで、味・価格ともに標準だと思ってる。
サントリーが扱ってるだけあって、ビールがサントリーモルツなお店で扱ってるボジョレーはほぼ100%このジョルジュです( 'ω')w


飲みやすいながらもしっかりとしたコクと余韻はありまして。
去年の味よりも好みですな( 'ω')なんか今年は不作だって聞いてたんだけども、流通量が少ないだけで味は良いのかな…。というわけで今年のキャッチコピーはこちら。
酸味と果実味とタンニンが見事なバランスで整っている。今世紀最高の出来と言われた2015年を彷彿とさせる芳醇さがあり、溌剌さとエレガンスさも兼ね揃えている

というわけで、評価的にも例年よりもおいしいらしいぞ…!
まだ飲んでない方はぜひどうぞ。早いうちがおいしいですよ( 'ω')



ボジョレーしか飲まない人やボジョレーそのものを見下す自称ワイン通も居ますが、僕としてはボジョレーはウェルカムだし、希少なボトルやビンテージばかり嗜むよりもその年その年ごとの味わいを纏ってみるのも一興かなって思うのね。
ボジョレーだけでワインを判断するのは勿体ないって思うけど、同時にボジョレーを飲まないワイン通も勿体ないって思うのでした( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)

名古屋JAMMIN'、ありがとうございました( 'ω')

image

お久しぶりのJAMMIN'は7月以来。
綺麗なライブハウスだし、スタッフの面々も気さくでやりやすい。ステージ袖のスタッフさんもいるから安心。安心しきってライブ中の機材トラブルを回収してもらった( 'ω')w
落とした鍵盤を拾ってもらったりね…。いや、そもそも鍵盤が落ちる状況とは、( 'ω')w

image

新体制、新衣装になってから2回目のライブ。導き出した答えの検証。
色々と地味に試して変えて。月曜日のライブと金曜日の本日のライブでさえも違いはある。
「検証」を終えて、早く確証のフェーズへと移りたい。けども慎重に。

色んな事を試して、自分たちにしっくりとフィットする手法を取り入れます。
答えを無理に受け入れる必要も無いんだけど、僕らの指針としてはこっち、って感じ。

ライブ後には担当してくれた音響さんに毎回話を聞くようにしてて。
僕としてもベースを同期で流すのは初の試みなので、色々と参考になりそうな話をゲットしております。




単純に、「ベーシストがいない」「ベース音がシーケンスとしてバックで流れている」という状況を「=マイナス」に変換したくない。
それは半分意地のようなもので、そう見られないために僕らの団結力はより高まったようにも見えるし、見方によっては少し無理をしてるようにも映るのかもしれない。
でも、あくまでも等身大の自分たちをそのまま反映しているだけで、つまりそのステージの映り方は見る側の心をそのまま投影してるのかもしれない。

同じようにライブを通して僕らが役者となり、そして代弁も出来れば良いなと思ってる。
非日常の代弁。表裏一体の日常から少し脇道に逸れた所で、僕らは語り部となりたい。








次のライブは日曜日。明後日だね( 'ω')
日付が変わってしまってるので実質明日。

この日は定期公演。そしてメトホロは僕と蓮のみの出演。ピアノと歌だけでしっとりと。お酒を片手にお楽しみください( 'ω')





今日もJAMMIN'の打ち上げのごはんは最高でした。

image

――――――――――
琴羽(kotoha)

さてさて。前回ブログで書きましたように大きな塊肉を仕入れまして。

image
 
800gで購入したけども、実質850g程度ありました( 'ω')
いくらだと思う?

とか言われても。まぁ800gの肉の塊を買う人もそんなに多くないとは思うので相場がイマイチ…かと。
例えば、ステーキハウスでよく食べる普通のステーキのサイズがだいたい160gとか180gとか。つまりこの塊の1/5程度です。

ちなみにこちら。
ステーキではサーロインと並んでメジャーになってきてるリブロース。
サーロインよりさっぱりした赤身なので、こっちの方が好きって人もいるくらい。


そんなこのリブロース850gのお値段、なんと3,600円( 'ω')
1/5カットにして170gずつでいただくのならば、一回当たり720円。
もちろん手間や人件費もあるので一概には比べられないものの、外食よりももちろんお得。
外食はそれこそ注文してただ席に座ってるだけで食べられるからね。




コストが安いのは良いとして、あとは「おいしいかどうか」と「そもそもおいしく焼けるかどうか」がカギ。
だって、ここが微妙ならば結局安いだけだし。

というわけで、焼いていきます( 'ω')

image

ちなみにステーキ肉というか厚切り肉の焼き方は諸説ありまして。
「最初は超強火が良い」だの、「終始弱火が良い」だの。
だいたい科学的に証明がほとんど終わってるらしいけども、その諸説を色々試してみたいと思います( 'ω')

なので焼き方はちょっと割愛。本当に納得いく調理法になったら改めて。






共通する大事なポイントとしては、
①低温でじっくり解凍
②焼く前に常温に馴染ませる
③焼く前に筋切り、下味を付ける
④焼き終えたらアルミホイルで包んで余熱保温

かな( 'ω')

まずは低温でじっくり解凍。電子レンジはダメ。
急激な温度変化をすると表面だけ先に溶けちゃって、表面はもうぬるくなってるのに中心部はカチカチ…なんて感じに。こうなると雑菌も増えますしあんまり良くない。

よって、冷蔵庫でゆっくりと解凍。ステーキサイズならば3~4時間くらいで良いくらいになるかと。
もしくはボウルに氷水を用意して、そこに投げ入れとくのもアリ。こちらの方が時間は早い。

ちなみに今回僕は冷凍庫→チルド→冷蔵庫、と徐々に温度を上げてゆっくりと解凍していきました。
ただしこの手法は時間もかかるし、タイミングも重要なので、あんまり素人にはオススメしません( 'ω')
そして僕も素人です( 'ω')w


で、見事解凍出来たら、次は室温に置いて馴染ませます。
いくら解凍出来たとはいえ、いきなり火に突っ込むとその温度変化がまたよろしくない。
これも諸説ありまして、「1時間置け」だの「5分でいい」だのあります。

ちなみに僕的な解凍目安は「溶け切ってないけども、真ん中を持つと重力に負けて垂れるくらい」です。
凍ってるとお肉の真ん中をつまんで持っても平行なままだけども、ある程度解凍されてると端が重力に負けて曲がっていく。その状態。

で、もう室温に戻す時間を計ったりとか面倒なので、筋切り&下処理の時間=室温に戻す時間って感じで( 'ω')
冷蔵庫から出して筋切り。そして塩や胡椒で下味を付けてる間に充分室温に馴染んでおります。

塩や胡椒は焼く直前に。塩を塗ると水分とともに旨みが出てきちゃいます。浸透圧的なアレです。
でね、岩塩とか黒コショウとかのメーカーにこだわっても良かったんだけど、別に後からソース作りますし…って事で特にこだわり無し。
塩はさっきも言ったけど浸透圧に関係あり。掛け過ぎは肉の旨みを流出させてしまうけども、適量ならば肉を引き締めてくれる。胡椒は香りづけ。



あとは焼く。
焼く過程は割愛します( 'ω')

そこが知りたいんだよ、って感じなんだろうけども、まだちょっと研究します( 'ω')
結果だけ言えば、「成功」でした( 'ω')



焼きあがったらトングで掴んでアルミホイルへin。

image

余熱でじんわりと熱を与えます。急激に冷めないからお肉にも優しい。
だし、そもそも焼きたてをカットするのって熱いじゃん?人にも優しい。

この置く時間も研究中で、とりあえず5分と仮定。10分くらいやりたかったんだけど、時間が無くて…( 'ω')




さて!完成です。
そして緊張のカット…。

image

Awesome( 'ω')
最高なミディアムレア。
肉汁が出るようならば失敗です。もちろん上から押し付ければ出るけども、つまりふんわりとした状態を保てている、という事。

やっぱりもうちょっとアルミホイルで包む時間を長くしても良かったかなーって感じ。
もっと焼いた方が好みならばもっと焼いても良いし、僕はこれくらいが良きです( 'ω')


お肉って基本的に外側に菌が付くので、外側だけ焼けば良いのです。古いお肉やホルモンはそうも行かないけども。
ただし、いわゆる加工肉とか切れ目が入ってるお肉とかって、その分表面が多かったり加工の段階で雑菌が入り込んだりするので、中心部まで火を通さないといけない。
メニューとかに「中心まで火を通してください」って書いてあるお肉、あるじゃんね?あれは何かしらの加工をしたお肉で、そういう表記をしなければいけないのです。

今回みたいに塊肉を自分でカットして焼く分には安心ですわな( 'ω')

今週はあとライブが2回。
焼き方研究するぞー( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)

お久しぶりのライブでした。
先月のワンマンぶり。半月ぶりかな?


image

このライブハウスといえば大きなビジョン!ステージ後方にある巨大なLEDビジョンにロゴや映像を映したり出来るという…未だに他のライブハウスでもあまり見かけないシステム。





実は前回のライブでサポートベースのじょー君が抜けました。
別に仲が悪くなったとかそういうアレではなく、シンプルに「満期」です。彼も彼の活動があるしね。
メトホロの活動に傾倒は出来ない、という事で。

そのことが悪いとかではないけども。そもそもサポートメンバーだしね。
彼自身にもバンドがあったり他のアレコレがあったりするわけで。その折り合いをちょうど区切りのライブで付けよう、という話でした。



なので、今回からベースのみ後ろから音が流れるようになりました。
これも僕らの一つの「導き出した答え」。シンプルに「何だ、同期に変わっただけか―」って話では無く、だんだんと意図も分かると思います。
でもベースは生演奏がテンション上がるなー!仕方ないけども。

ベーシストを一から探すのは、もう疲れちゃって。
欲しいんだけども、そこに時間を注ぐと活動がストップしちゃう。僕らは動いていないと意味の無い存在なので、その選択肢は無かった。
じゃあどうやって活動を続けるか、って考えると、後ろからベースの音を流すことになった次第。

顛末としてはそんな感じ。
これはパワーダウンじゃなくて、答え。
課題も反省点も見えたので、少しずつコレクトしていきます。

image

ステージでのポジションもちょっと奥に下がって大人しくなったわたし。

――――――――――
琴羽(kotoha)

このページのトップヘ