メトロホログラフィー。公式ブログ

名古屋で活動中のCityRock(シティロック)バンド「メトロホログラフィー。」の公式ブログ。主にメンバーが更新。お知らせ、日常など。

ロゴ

メトロホログラフィー。より、新たなお知らせです。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆* 

■リリースツアーのライブスケジュールを更新しました
201804_ツアー-01


■日程一覧
5/14(月)…アメリカ村DROP
5/20(日)…名古屋@-hill
5/29(火)…心斎橋VARON
6/8(金)…奈良NEVERLAND
6/17(日)…名古屋@-hill
6/24(日)…静岡Sunash
6/27(水)…京都MOJO
6/30(土)…名古屋MUSIC FARM
7/1(日)…名古屋@-hill
※ライブの詳細は順次更新していきます。

■チケット予約
ご予約は下記リンク先の「チケット取り置きフォーム」より受け付けています。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b081af61202178





*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆* 


こんばんは...#

蓮です

昨日は「にゃご8無双」でご一緒した
FROZEN CAKE BARの名古屋ワンマンへ


普段のステージでお馴染みの曲は勿論、対バンでは聴けない曲や、観れない姿が見られたり、どのシーンを切り取っても本当にカッコよくて「尊敬する先輩だぁ」って目で見てた2時間だった

世界観で圧倒しながらもお客さんを置いていかず一緒にステージを作りあげることや、メンバー1人1人のキャラを活かすことや、トラブルを味方にできる力

何度見ても学ぶ所があって
沢山の刺激をFCBから貰いました

2部のラスト曲前のMCで泣いちゃった
涙腺弱いなぁと改めて実感

そして、ギルメンさん本当にみんないい人
仲良くしてくれてありがとうございます

またよろしくねっ


またワンマンやりたくなった
そのためにはまだまだやらなきゃいけないことが沢山あるね。次ワンマンやる時は是非とも台風直撃は避けたいw運も実力よね

次回は4/12藤が丘Music farmで待ってるね

それではいつもあなたの心に「非日常」をメトロホログラフィー。蓮でした

ロゴ

メトロホログラフィー。より、新たなお知らせです。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆* 

■新グッズ取り扱い開始のお知らせ
本日よりネットショップにて新グッズを販売致します。
⇒ネットショップのページはこちら


■本日より取り扱いを開始するグッズ
ポストカード(2018)…¥1,000-/5枚セット
アクリルキーホルダー(ロゴ)…¥600-
缶バッジ…¥100-
オリジナルフラッグ…¥800-
※上記4点は本日4/8 00:00よりネットショップにて取り扱いを開始致します。
※ライブ会場では4/12の公演より物販にて取り扱いを開始致します。


201803_グッズ一覧L

■4/15より取り扱いを開始するグッズ
オリジナルTシャツ(ソル&ルナver.)…¥2,500-
※ネットショップとライブ会場にて4/15より取り扱いを開始致します。



■ネットショップ購入特典
・一度に2,000円以上ご購入……オリジナルステッカー(非売品)を同梱
・一度に5,000円以上ご購入……送料無料





*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆* 

3rd single「ソル」をリリースしたし、せっかくなので曲についてのセルフライナーノーツじゃないけどアレコレを話していきます( 'ω')


image



今回はトラック1、visionでございます( 'ω')



visionといえばメトホロの代表曲でもあります( 'ω')
ミュージックビデオも作りましたしね。うんうん。懐かしい。

ちなみに今作の「ソル」、そして次作の「ルナ」に共通してるんだけども、「新しいメトホロの提示」を目的としています( 'ω')
今までと同じ音源を出しても意味が無いからさ。まぁ意味が無いわけじゃないけど、薄い。それよりもリアレンジして新たな一面を出していきたい。

そんな思いから始まった今回のリリース。
もちろん代表曲だったvisionもリアレンジ。



visionで大きく違うのはシンセサウンドが入ったところかな( 'ω')
サビの折り返しのホロホロした音だったり、シンセブラスに鐘の音。
今までのメトホロといえば「アンチ同期、生演奏バンド」だったんだけど、いつのまにか生演奏にするとピアノアコースティックユニットになっちゃうようになったんで…。
で、どうせベースやドラムを打ち込むならもうシンセ音も入れちゃえ、って事で。

そんな感じで表現の幅は格段に広がってます( 'ω')
今までは制限のあった色数が一気に増えた感じ。もちろん制限有りの中で描く絵も趣きはあるんだけど、より自分の中の構想をリアリティを以て書き出せた感じかな( 'ω')

シンセブラスの音は要するにラッパの音をシンセサイザーで再現した音なんだけど、今はブラスとの似てなさが逆にウケてるというか。あと80年代90年代に合成・流行した音だからそのあたりの色を出したい時にはFMエレピやシンセストリングと並んで多用しがち。
今作でその色を出したかったわけじゃないけども、でもリアルなブラスの音よりもちょっとシンセっぽさを出したかったので。


鐘の音は僕が個人的に好きだからぶち込んでみました( 'ω')w
鐘と重ねてティンパニーも入れて重厚感を出してみたり。


ドラムやベース、ギターに関してはそこまで大きくいじらずに。
今までの演奏を踏襲しつつ、好き勝手にカスタムしました( 'ω')
メロのつなぎとかは敢えて今までと違うフレーズにしたりしつつ。今までのライブで聴いてる人たちにもちょっと新鮮に聴こえるようにね( 'ω')

ちなみにたまに聴かれますが、ドラムもベースもギターも全部打ち込みです( 'ω')
生楽器はライブでも使ってる鍵盤のみしか使用してません( 'ω')
ヘタするとベースとかギターとかは楽器やってる人じゃないと生演奏かパソコンでの打ち込みか分かんないんじゃないかな。僕としては音源版として聴く上ではその差異はあんまり重要じゃないのかなと。
ライブで生演奏か否か、って点では大事な要素だけども。




この曲は蓮作詞作曲の曲で、メトホロらしさとしては実はあんまり強くない。
まぁ今となってはほぼ僕が全曲作ってるし、僕の世界観とメトホロの世界観は二アリ―イコール。だから蓮の作曲した曲がメトホロの軸から遠くなりがちなのは当たり前といえば当たり前。
でもvisionに関してはいわゆるスタンダードなピアノロックだから耳馴染みが良いし、メトホロ入門にもおすすめな曲でして。
そんな関係でミュージックビデオも作ったりしたわけです( 'ω')

まぁ片足とりあえず踏み込むのにはちょうどいいんじゃないかな、vision( 'ω')


そんな中にもコード進行はちょっとクセを残してまして。これは先代のベースと僕とで考案したコード進行。
これのおかげで「ただのピアノロック」からちょっとだけ離脱して、メトホロらしさを内包出来たんじゃないかなと思っております( 'ω')このコード進行は前作収録時と同じ。





あと、全体を通して言える事だけども、ソロパートがめっちゃ増えたんですよ( 'ω')
今まではギタリストが居たから負担は半分だったけど、打ち込みがソロを弾いててもなんかアレだし、っていう。
そこで僕が全部ソロを弾くわけだけども、色々見直しまして。
見直すって言っても単純にフレーズや音使いだけの話では無く、ソロの意義とかも。「そもそもソロを弾く必要性とは…」みたいなね。

このvisionではイントロとかでもピアノの音が印象的で。でもこれは厳密にはソロじゃなくて「リード」って言います。リード(導く)フレーズってやつ。
そのリードをちょっと崩したようなイメージの物をソロだったセクションへと持っていきました。ややソロっぽさもあり、でもリードのようでもあり。そんな感じ。




こんな感じですな( 'ω')
生まれ変わったvisionを、ぜひライブと音源で体感してください( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)


おはよう...#

蓮です


2人になって変わったことといえば
LIVE、アー写、音が変わった。
あとは作業量が単純に増えた。
あたしが出来る作業って限られてるんだけどね。フルオートメーションで作ってる物とかの機械で出来ない手作業部分が出来る程度。でも、面白いよっ。2人で切り拓いていくこの感じ。

あとなんといってもこのフットワークの軽さが素敵よね。スケジュールの調整もしやすいし、ミーティングもスムーズに話が進む。お互いのやりたい事もやりやすい。

なんでも自分達でやって、ひとつひとつ経験して、2人で積み上げていく。

今年度のメトホロは
ガンガン攻めていくからね、お楽しみに

そして、4/12藤が丘Music farmから
物販に新しいグッズが登場
ネットショップでは4/8から発売されるよ


だけど、ひとつみんなに謝らないといけないことがありまして、「オリジナルTシャツ」が4/12に間に合わなくて、4/15の@-hill定期公演からの発売になりました。ごめんね

それではいつもあなたの心に「非日常」を届けるメトロホログラフィー。蓮でした

このページのトップヘ