メトロホログラフィー。公式ブログ

名古屋で活動中のCityRock(シティロック)バンド「メトロホログラフィー。」の公式ブログ。主にメンバーが更新。お知らせ、日常など。

今日は一日がっつりとメトホロの作業のために時間が取れる日でした( 'ω')

色々と同時進行しておりまして。パンクしそうだけど、充実してる。
そりゃーもうすごい作業量で。書き出しただけでも凄まじい。一日何時間を作業に充ててるんだろう…ってレベル。




でもなんでそれが出来るのかっていうと、まぁまず原点として「好きだから」。
音楽が好きだし、バンドが好きだからバンドに携わる仕事や運営に関する事も好き。
そもそも事務作業が好きだからエクセルやワードで資料をまとめるのも好きだし、その辺は苦じゃない。

メトホロでも企画書を作ったり、月ごとの収支をまとめたり…この辺は普通の企業並みに管理してるんだけど、例えばここに時間を割き過ぎるのは僕は違うと思ってて。だから速度重視。タイピング一つ取ってもどれだけの速度でやれるのかって大事。
タイピングと言えばブログもそうだね( 'ω')僕はブログはパソコンから更新する派なのでね( 'ω')




バンドって、作曲して練習して…ってだけじゃなくて、色々と雑務がありまして。
誰が何をやるかってのは結構揉めやすい点で。だから逆にウチは僕が全部担当してる( 'ω')
それでメトホロは成り立ってるのです。僕が作業をする分、他のメンバーには作曲や練習をやってもらう。
レコーディングした音のミックスやマスタリングはもちろん、毎回の練習データの管理やライブのデータの管理、動画の編集、デザインなどなど…色々と手広くやっております( 'ω')そういうスキルも付けておきたいしね。


さっきも出た話だけどもクオリティとともに速度も重要になってくる。
合格点を出すスキルは誰でも時間をかければ身に付くし、時間をかけて制作すれば出来る。
だからその合格点をいかに素早く出すか。そこから先はセンスや素質の領域になると思ってるので、まずはその手前まで完璧にこなすのが僕の役目( 'ω')


こういう作業が全部ひっくるめて好きなんです。そもそもね。




そして、次の理由が「楽しませたいから」。ちなみに前者の理由とどっちが上とかは無いです。どっちもすごく重要なファクター。

僕はパーティーとかでもそうなんだけどサプライズが大好きなんです。人を驚かせたり喜ばせたりするのが好き。
パーティーの中心じゃなくて、その中心の人を盛り上げるために準備する人というか。なんだろう、横で「よし、上手く行った」ってニヤッとするポジションが僕には合ってると思ってて。
誰かを楽しませたりしたい。その様を想像したらすごくわくわくする。

だから、例えば今もワンマンのための準備をしたりしながらわくわくしてる。
自分の好きな作業や仕事をしながらわくわく出来るなんて、僕はとても贅沢な忙しさに追われている。

その忙しさを昇華させたのが、来月のワンマンライブ。
僕らの導いた答え。答え合わせがしたい。

image


――――――――――
琴羽(kotoha)





こんばんは#

蓮です

今日は丸っと1日オフだったから
少しゆっくり起きて、部屋を片付けて
街へ出かけてきたよ

久しぶりにヴィレヴァンに行った気がする
ヴィレヴァン大好きなんだよね
漫画も本も本屋ではおすすめしてないものがピックアップされていたり、面白いグッズが沢山あったり

あのゴチャゴチャしてる空間が堪らなく好き

お店によって全然違うからそれも面白い
私的に店の中の通路が狭ければ狭いほど好きなお店かもって思う傾向にある


そして本日の戦利品がコチラ


この前のDe定期公演でもらったお菓子が凄く私の好みでついつい買っちゃった

因みに注意書きに
「1度に連続して食べる量は2、3粒以内を目処に」と書いてあるくらい酸っぱい
けど、私はこれくらいが丁度いいのよね

あとは私の好きな「デッドマン・ワンダーランド」を書いた方の新作漫画とポップが気になった本、合わせて2冊を購入

漫画買ったの久しぶりかもしれない
最近はずっとアニメばかりだったし
前買ったのは「甘々と稲妻」だったかな
だいぶ前だな、その時は新作で出てたし

今日はこの戦利品達を楽しみながら寝よっと


それではいつもあなたの心に「非日常」を届けるメトロホログラフィー。蓮でした

Good night.. 
Sweet dreams...

先日焼き鳥を食べましてね。


image

焼き鳥はそこまでこだわりが強い方では無いんだけども、そんな僕でも違いが分かるくらいにはおいしかった( 'ω')

レバーが外はサックリ焼けてるのに中はレア。新鮮だからこそ出来る串。臭みも全く感じない。
店の拘りが見えるつくねも良き。つくねって混ぜ物でどれだけでも誤魔化せる。その分、店の拘りや手の抜き方まで見抜ける串だと思ってまして。だから「つくねがマズい」って店はそんなに無いけども、逆に「つくねがめっちゃおいしい」ってお店は中々無い。つくねがおいしいと信頼できる。




良いお店でした( 'ω')
牛肉も好きだけど鶏肉も好き( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)

第5回が公開されました( 'ω')

今回のゲストはズーパスことZOO THE ANNUAL PASSPORTのごっちゃん!( 'ω')
ハイテンションなごっちゃんとメトホロとの絡みをお楽しみください。


ちなみに演奏曲はガオリアン!( 'ω')
個人的には2Bのキーボードでごちゃごちゃと遊んでる所が好きです( 'ω')
使用楽器はちょっと強めに歪ませたオルガンと、上の方でフワフワと鳴るエレピ。あとはソロでシンセリードを。

オルガンはこれくらい歪ませてギターと合わせると結構いい感じに。単純なコード弾きでもこういう感じで馴染ませられるので、例えば「キーボードの入ってない曲にキーボーディストを入れよう!」的なシチュエーションではピアノ以上に馴染ませやすい。
ピアノって結構個性が出るし、コードだけジャーンって鳴らすような音は時として邪魔になったり。意外とピアノの音を入れるのってセンスがいるので。
その点、オルガンは割と敷居が低いのでどんどんロックで使っていただきたい。ストリングスみたいにオシャレになりすぎないしね。

エレピはピアノとは違う独特な響きが好き。ピアノみたいにアタック音…つまり弾いた瞬間の音が硬くないので、例えば2回目のサビの後の静かなゾーンでふんわりと響かせるような弾き方がぴったり。これを例えばピアノでやるとうるさくなっちゃうんだよね。


シンセリードはノコギリ波を基本としつつ、スクエア波をブレンド。結局4本ほどの波形を重ねてる。
シンセの音は基本的に音の波形で分類しておりまして、ノコギリ波は名前の通りギザギザしてて、その独特な波形ゆえに音抜けが良いのでリード系に使いやすい。スクエア波も明るめの使い勝手のいい波形。
逆にサイン波は丸っこくて馴染みが良い。






座談会の撮影をするときにどういうアレンジをするか決めていくんだけど、僕はこういう判断を一瞬でするわけです。それこそがキーボーディスト。どの色で塗るのがベストなのかを判断する。

今回はギターが1本だけなので、コード感を出す楽器がもう一つ必要。で、オルガンやストリングスがあるんだけども、今回はオルガンで。尚且つ歪んだ音のオルガンを使用。

もう一つ、例えばサビでふくらみを出すための音も使いたい。これこそセンス。
ベルの音。シンセでピコピコさせる。単純にオルガンの音量を上げる。バイオリン。ブラス。ピアノ。
正解はたくさんあるからこそ、ここでキーボーディストのセンスが出る。そしてキーボーディストの存在意義もここに集約される。
今回はエレピ。ローズ系の音にして、サビの「ひらける感」をプッシュしてみました。バンド編成だけだとどうしても強調するのが難しい部分のメリハリを一気に出しやすくするのがキーボード。


この判断力を高めるのもキーボーディストは大事。
ギタリストもエフェクターで色んな音が出せるけど、キーボードはそういう枠が一切無いので。だからバリバリにセンスと個性が出る。
他の楽器で出来ない事ややりたかった事を簡単に実現できる楽器。だからこそ、どれを選ぶかが大事。
あとはその判断を素早くする事も大事。基本的に僕はほぼ迷いなくパパッと決めます。



今後もきっとこの新メトホロ座談会で色んな曲をやってくはず。まだ見ぬ曲たちをどうアレンジしていくか…。
ご期待ください( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)



こんばんは、Tatsu丸です!


昨日は@-hillにてドリエモ定期公演お疲れ様でした!


台風の中わざわざお越し頂きありがとうございました!


今回のサブタイトルが「弱肉強襲」との事で今までで一番ハードなセトリになっていて休憩が一切なしのライブでした!


ドラムの方を見てた人がいるかどうか分かんないですがちょくちょく演奏中片手で顔の汗拭くくらい暑かったです(笑)


多分あれ以上やってたら倒れてたかもしれないけどたまにはノンストップでやるのも良いかなって思っちゃったりしてる。少し前までは休憩ないと嫌だって思ってたのにな….


人って変われるんだね(笑)




来月のドリエモ定期公演ではちょっと変わったものが見れるかも


見に来れる方は是非お越しください!


そして次回のライブは10/4(水)藤が丘ミュージックファームにてあるのでこちらもお待ちしております!



このページのトップヘ