メトロホログラフィー。公式ブログ

名古屋で活動中のCityRock(シティロック)バンド「メトロホログラフィー。」の公式ブログ。主にメンバーが更新。お知らせ、日常など。

カテゴリ:記事ジャンル > 音楽



おはようございます、Tatsu丸です!


今日は伏見のJAMMIN'にてライブがあります!


いつもJAMMIN'へと向かう時に道に迷ってしまい時間ギリギリとかになったりするので結構早めに家を出るようにしてるのですが、それでもあの辺りの道は似たような所が多くて迷いがちなので今度こそは迷わず行きたいと思います。


久々のJAMMIN'でテンションが上がってますがこのままの調子で本番まで行きたいと思います!


ただ今日早く起きすぎちゃったので少し練習してから仮眠とってJAMMIN'に向かおう(笑)




おはようございます、Tatsu丸です!


昨日はメトホロ練習日で11/13(月)にあるライブに向けての練習を中心にやってました!


最近は新曲ばかりに手をかけていて、いつもの曲をみんなで合わせるのは結構久しぶりだなと練習しながら思っててこんなにも慣れた曲を演奏できるのが安心できるって感じるのはある意味麻痺してるのかな?ってちょっと戸惑ってました(笑)


いつもやる曲でもほとんどが難しい曲で毎回やり始めの頃は悪戦苦闘をしてたのに今では普通に演奏できるのはもう慣れだなと思って、今やってる新曲もじきに慣れれば楽に感じるんだろうなって考えたら恐ろしくなってきております(笑)


でも確実に成長はできてるんじゃないかなと思うのでこの調子で頑張っていこうと思います!


って事で11/13(月)は八事SOUND NOTE にてライブをしますのでお待ちしております!


みんな来てね!


あれ…説明しましたっけ…。
今回のアー写、たしかちゃんと触れてなかった気がするので、ちょっと遅くなってしまったけども解説的なアレです。




まず。全体像がこんな感じ。

全体1

差し色に青を。
なぜ青なのか。とかその辺もきっとだんだん分かってくるかと思います。

前の衣装に比べるとファンタジー色が上がったというか、ちょっと俗世から離れている感じがします。
つまり非日常へと着いた、とイメージしてもらえれば。

前回の衣装が非日常へ誘いつつも自分たちも実は非日常の住人では無いような、そんなイメージで。
いわゆる「いびつさ」が絶妙な濃度で存在している状態。
それを僕はアシンメトリーと呼んだ。

そこから183の白いピースを集めた先の答えとして、非日常を提示した。
新しいルックス。これが僕らの導き出した答え、のうちのひとつ。





続きまして、わたし自身。

ヒキ_琴羽1L

アウターは白衣に見えるんだけど、実は違って。
いわゆるカスタムシャツ。まぁあんまり近くで見る機会は無いかもしれないんだけど、普通のシャツの下にさらに生地をつなげたような感じになっております。
ボトムスも地味にこだわってる。靴は前よりもすっごく動きやすい。
インナーはただの青いカットソー。ブランドだけどね。

総合的に前回の衣装から比べると半分くらいの重量でして。とても身軽。ジャンプ力も上がったような。


そして銀髪。メンテナンス大変そうでねー、既に後悔してる。あとライブの時は意外とあんまり目立たないという…。







ここで前回と比較してみましょう。

s1bms_twiKo1

これ加工頑張ったやつ。
そして髪長い。

twi_琴羽mod

で、今がこれ。
今回の個人的なテーマは「達観」。
意味?調べてください( 'ω')





ここからどんな非日常を描こうか。
ライブ会場で会いましょう( 'ω')

次のライブは11月13日(月)。
そこから1週間のうちにライブが3本も。
ライブをやる時とやらない時のスパン的な差がすごいけど、でも良いライブばっかりだから楽しみにしてて。
楽しそうだから全部オファー受けちゃった( 'ω')w

――――――――――
琴羽(kotoha)



おはようございます、Tatsu丸です!


昨日はメトホロの練習日でした!


新曲をひたすら頑張ってたんですが苦手なジャンルは誰でもある訳でして、まだまだ時間がかかりそうです。


家でも毎日練習は欠かさずやってるんですけどドラムセットに座ってやるのとそうでないのとの差が今回違いすぎて頭を悩ませております


なんのことはないただのJ-POPとかだったら鼻歌歌いながらでも余裕とはいかないけどやれるんですけど、苦手というか慣れていないジャンルは克服しないと到底出来そうになさげだから本気で体に覚えさそうと思います(笑)


何が正解かよくわからないけどとりあえずいろんな国の曲でも聴き漁ろうかなと思います。


今日は天気悪いしひたすら基礎練と曲漁りしよ。



練習しておりました( 'ω')
まぁ色々あったので僕としては久しぶりの練習。

練習にも何パターンかありまして。
ライブとかの見せる場…つまりステージを想定した練習。いわゆるゲネプロと呼ばれるもの。
今までの楽曲を深く追い込んだりアレンジしたりする練習。いつもの曲も生まれ変わったりする。
新曲をみんなのパート、つまりそれぞれの専門分野で拡げて曲を編んでいく練習。これが今やってるやつ。



前にも書いた通り、新曲に手を付けています。
メトホロ新衣装に合わせた楽曲になる予感。

twi_琴羽mod

楽しみにしててもらえれば、と。

メトホロの楽曲はメトホロがやらないと意味が無い――って所まで突き詰めたい。
誰がやっても同じならば、別にメトホロじゃなくて良い。
もっと言ってしまえば、打ち込みでも良い。

生身の人間が演奏する以上、人的ミスは起こりうる。機械ならばノーミスだけど。
じゃあ、わざわざ生身の人間が演奏をする意味とは?メトホロのメンバーがやる意味とは?

そして、この質問の最終的な問いはこうなる。
――メトロホログラフィー。の存在意義とは?







存在意義は僕らが作るモノなのかな。
僕ら自身が存在し続ける事は僕らの意志による物。でも、その意義…つまり意味合いや理由は「見てくれる人がいるから」であって。
誰もいないのならば無いも同然。いつもありがとう。存在意義を与えてくれて、ありがとう。

――――――――――
琴羽(kotoha)

このページのトップヘ