メトロホログラフィー。公式ブログ

名古屋で活動中のCityRock(シティロック)バンド「メトロホログラフィー。」の公式ブログ。主にメンバーが更新。お知らせ、日常など。

カテゴリ:記事ジャンル > 食べ物

先日焼き鳥を食べましてね。


image

焼き鳥はそこまでこだわりが強い方では無いんだけども、そんな僕でも違いが分かるくらいにはおいしかった( 'ω')

レバーが外はサックリ焼けてるのに中はレア。新鮮だからこそ出来る串。臭みも全く感じない。
店の拘りが見えるつくねも良き。つくねって混ぜ物でどれだけでも誤魔化せる。その分、店の拘りや手の抜き方まで見抜ける串だと思ってまして。だから「つくねがマズい」って店はそんなに無いけども、逆に「つくねがめっちゃおいしい」ってお店は中々無い。つくねがおいしいと信頼できる。




良いお店でした( 'ω')
牛肉も好きだけど鶏肉も好き( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)

秋ですねー( 'ω')
特に夜なんて風が完全に秋。あと、夕方の空を見ると雲が秋。雲って季節ごとに特徴があるんだよ( 'ω')

練習に行くときにはだいたい清涼飲料水を買うのだけど、季節限定のやつが出てたりするとついつい買っちゃう。

まずはこちら。

image

紅茶花伝 アーモンドキャラメルロイヤルミルクティー。
アーモンドとキャラメルの入ったロイヤルでミルクなティー。カタカナ欲張り過ぎ。チョコミントミルクティー以上に欲張り。
一見秋っぽさは無いんだけど、季節限定の文字のシルエットがウィッチハットだったりして、ほんのりハロウィンを匂わせてきやがる。
よくよく見ればパッケージは全体的にオレンジだし、ブランドロゴのバックは紫だし、って事で完全にハロウィン狙いです( 'ω')
アーモンドもキャラメルも関係無いのに。まぁ強いて言うならば実はアーモンドの旬って今くらいなので、秋にアーモンドは正しいです( 'ω')w

味はねー、おいしいんだけど…僕的にはこういう飲み物ってもっと甘くてクドいくらいで良いと思うんだよね。チョコミントミルクティーでも思ったけど。
飲んでて逆に喉が渇いて他の飲み物が飲みたくなるくらいでちょうど良いと思ってる。ほら、アイスと同じ感じ。アイス食べた後って水飲みたくなるじゃん。
こういうもはや名称が甘ったるそうなやつを買う人なんて甘々な味を求めてるわけだから、変に色んなニーズに沿おうとすると中途半端な味になるイメージ。
香料に頼ってるような感じなのでもっとアーモンド感があっても良かったかなーとは思う。


そんな中、甘い路線をストレートに進んだのがこちら。

image

リプトン クレームブリュレミルクティー。
ちなみにクレームブリュレとプリンってほぼ同じに思えるかもしれないけど、クレームブリュレはその名の通り「クレーム」と「ブリュレ」が必須でして。つまり「クリーム」と「焦がし」。
材料にクリームが入ってて、あと表面の砂糖を焦がしてる点が違います。
まず、焦がしが無ければプリン。あとクレームブリュレは器から出す事が無いイメージ。プリンは逆さ向きにして出したりするけどね。
焼きプリンは完成品を焦がすけども、クレームブリュレはわざわざ砂糖をかけてから焦がします。これが焼きプリンとクレームブリュレの差。テストに出ます( 'ω')

前置きが長くなりましたが、クレームブリュレといえばお店に食べに行った時にチョイスすればまず間違いのないデザートとして(僕の中で)有名。冒険が少ないのでね( 'ω')
それだけ完成されたデザートをミルクティーに。これはハードルが上がる…( 'ω')

パッケージもあからさまにハロウィンを狙ったデザイン。個人的にはクレームブリュレって冬のイメージなんだけどな…。
まぁそんなことはどうだっていいのです( 'ω')
個人的にはスイートポテト味とかをもっとプッシュしてほしいのですが、それよりも期間限定というイメージが大事。


ちなみにこちら。
味は前者の物よりも甘め。とはいえ弁えた甘さなので、甘ったるいやつが無理な人でも飲める。はず。
後味までしっかりと甘めの香りが残る。ただし幾多のクレームブリュレを食べてきた僕としては、この味が果たしてクレームブリュレかと言われるとぶっちゃけ微妙。なんか甘いヤツ、みたいな味。いや、まぁ好きだけどさ。



秋限定ドリンク、探してみては?( 'ω')
去年は芋、栗、カボチャと誰でも思いつきそうな味から「パンプキンシードを使った…」みたいな意識の高いスムージーまで色々とありました。今年も楽しみですな( 'ω')
ハロウィンに関連して、甘ったるいキャンディや色んなお菓子の味なんかも出たりするし、チョコレートの限定品も多くなるのが楽しみ。



そうそうハロウィンといえば、僕はハロウィンにコスプレする事になりました( 'ω')メトホロの他のメンバー?よく分かんないな…。
20171028_フライヤー

――――――――――
琴羽(kotoha)

この夏もソルティライチ先輩には大変お世話になりました( 'ω')
昨日も買いました( 'ω')

image

スポーツドリンクの気分じゃないけど、それっぽい感じでゴクッと飲める飲み物が欲しい!って時にぴったり過ぎて。ライチが嫌いじゃなければ本当に優秀なのでオススメ。

今やコンビニでも置いてない店舗はないくらいのヒット商品になったソルティライチ。
このソルティライチ、KIRINが手掛ける「世界のKitchenから」ってシリーズの一商品なのはご存知でしょうか…。


現在売ってる世界のKitchenからシリーズの商品は「ソルティライチ」「ほろにがピール漬け蜂蜜レモン」「冴えるハーブと緑茶」「真っ赤なベリーのビタミーナ」でございます。後者ほどマイナーなので、成城石井とかで探してみてください( 'ω')w
0911_2


最近知った人はペットボトルのイメージかも知れないけども、過去には缶タイプやチルドカップなんかもあったりして。ペットボトルしか見てない人は結構な種類の世界のKichenを見逃してしまっているかも知れませぬ。
むしろ僕はチルドカップで存在を知った人で。「ほろにがカラメル・オ・レ」とかね。スタバとかマウントレーニアのチルドカップの横にあったんですよ。懐かしい。

個人的には「ソルティ・ライム」が一番好き。販売した当初は外出するたびに買ってた。んだけど、期間限定過ぎて。。
たしかソルティライチが世に出て、翌年の夏あたりにソルティライムが出て、すぐに消えたんだよね。だから「ソルティライム?ライチの勘違いでしょ」みたいな感じで幻のポケモン化してしまった上に読み間違いを疑われるかわいそうな商品に。
でも3年前くらいに突如復活!めっちゃ買った!( 'ω')w
その後また姿を消したソルティライム。また出ないかな…。





「世界のKitchenから」シリーズは僕的にはかなりツボを付かれてる商品でして、毎回新作が楽しみでございます( 'ω')冬になるとホットティーやこだわりのホットドリンクが出てきたりして。楽しみ。
ホット葡萄なんてのもありました。これはスパイス入りワインのような味で、クリスマスマーケットで飲めそうな味。

毎回ちょっとした(時には行き過ぎた)こだわりがあるのが好き。
例えば今売ってる「ほろにがピール漬け蜂蜜レモン」にはパッケージにNO WAXって書いてあって。
レモンの皮にはワックスが付いてまして。ツヤ出しと色を保つためのね。でもこれがまた体によろしくない。
タワシでこするなり、洗剤の使用用途に「食品」って書いてあるやつで擦るなりして落とすのがベター。特に皮ごと使う時はね。
ちなみに前に僕がラムコークを出した時のレモンはもちろんすべて丁寧にワックスを剥がしました( 'ω')



あとは決して万人受けする味では無い商品を出すのが、チャレンジングで良いなと思うわけですよ( 'ω')アーティストだよ。
飲み物をアートしてる。

結構革新的な飲み物を出してくるので、次回の新作にも期待でございます( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)



こんばんは、Tatsu丸です!


前までは月1くらいでラーメン通いしてたんですが、どんどんラーメン食べたい欲が出てきて最近だと多分2 週間に1回か2回のペースで食べに行ってます!


中でも近くにある天下一品は本当に最近頻繁に行っていて、特に練習帰りとかにお腹がめっちゃ空いていた時に行ってしまったりしてます。


いろんなラーメン店がある通りで知り合いとかと一緒に色々見に行って食べたりしてきましたが結果こってりラーメンに落ち着きました(笑)


結構家を空けていることが多いんで米とか炊いてもその日の昼しか食べれない日とかあるから炊いてもすぐ冷凍したりとかしないといけないんで結構手間がかかっちゃうから自炊するよりかは外食のが楽かなと思ったらついつい通っちゃいますね(笑)


まぁたまに贅沢したい日にしか行かないからそんなに外食はしてないけど自炊もあんましてない気がするあれ、今年まだ1 3食きっちり食べた記憶があんまりないやばい、ちゃんと 3食食べよう。


とりあえずまたラーメン欲とか出てきたら今度は一蘭にでも行ってみようかと思います。




私と言えば牛肉。と言っても過言ではなくなってきました( 'ω')
週に4回は何かしらの形で牛肉を摂取しております( 'ω')肉食系ですね。ふふふ( 'ω')

先日、焼肉の日に焼肉を食べたのも記憶に新しいのだけど。

image

焼肉って幸せだよね。なんでだろうね。
生命を奪って、その肉を焼いて食らう。その是非がどうのこうのについてとやかく言う気は無いし、別にどっちでも良いじゃんとも思う。
食べないなら食べないで良し。それもまた正しい。

ただし。どうせ食べるのならば命を頂く意識を持って、その上に立って生きていく覚悟とマナーはあった方が良いかも、とは思うのね( 'ω')




具体的に言えば、例えば「しっかりと大切にいただく」とかね。
当たり前の事なんだけど、残したり捨てたりせずにその生命に感謝していただく。
どうせ食肉となったのならば、その瞬間を敬って最高の状態で自分の糧とするのが最大の感謝だと思ってる。

僕はライブ前にお肉をいただくのだけど、それを動力としてライブに臨んでる。
ただ単に食べるんじゃなくて、感謝は忘れていないつもり。

image

先日のクアトロでのお昼ごはん。
命を噛み締めて、その力を借りてステージに立つ。
ごちそうさま。

――――――――――
琴羽(kotoha)

このページのトップヘ