メトロホログラフィー。公式ブログ

名古屋で活動中のCityRock(シティロック)バンド「メトロホログラフィー。」の公式ブログ。主にメンバーが更新。お知らせ、日常など。

カテゴリ:記事ジャンル > 食べ物

ボジョレーヌーボー解禁!やったね!!( 'ω')

ボジョレーヌーボー。日本人が沸くイベントの一つでございます。
普段ワインを飲まないけどボジョレーだけは飲むって人。多いと思います。
ワインを常飲する人からすると「ニワカ」だとか思われてアレだったりするかもしれないけども、僕からすればむしろワインを常飲しない人にこそ飲んでほしいのがまさしくボジョレー。



そもそもボジョレーヌーボーとは。
その年の摘み立てのブドウを使ったワインでして、まぁ日本風に言えば新米ですよな( 'ω')
11月の第3木曜日に解禁なんだけども、収穫から解禁までに通常の製法じゃ間に合わないので、ヌーボー仕様の醸造法にて。
なので、ビンテージのように複雑な味わいは無く、ワイン慣れしてない人でも飲みやすい爽やかな風味。

ちなみに普通のワインはワインセラーで管理する事で熟成するんだけども、製法的な違いのせいでボジョレーヌーボーは劣化するのみらしい。
だから「去年のボジョレー、取っといたぜ!」みたいな飲み方はただ単に味が落ちてるだけなので避けた方が良い、と( 'ω')ボジョレーに関しては出来立てが一番。




でね、ボジョレーがオススメな理由としては。
まずは書いた通り、飲みやすさもある。あっさりしていて渋みも少ない。赤ワインが苦手な人にもおすすめ。
そしてもう一つ。料理に合わせやすい。芯のしっかりした赤ワインって料理に合わせにくいんです。最終的に肉か煮込み料理にしか合わないんじゃないか…って感じ。

しかし!ボジョレーは何でも合う!
チーズやサラミ、生ハムはもちろんの事。ドライフルーツ、ジャーキー、スナック菓子、チョコレート…。この辺のおつまみはほぼ全部合う。
魚料理にも合わせられて、特にムニエルや揚げ物にも合う。てんぷらにも合うよ( 'ω')

味噌おでんやカレーとも合うので、ぜひぜひ。ボジョレーヌーボー、味は軽いが懐が深い。


醤油や味噌と合うので割と日本食とも合わせやすい。
唯一焼き魚が微妙かなぁ。悪くないんだけど、他に色々合う料理があるしせっかくだからそちらと…みたいな。




昨日のライブでは、会場入りしたあとにりょーたと飲んでましたよ( 'ω')

image

ボジョレーヌーボー!
どこでも買えるジョルジュのボジョレー。サントリーが扱ってるボジョレーで、味・価格ともに標準だと思ってる。
サントリーが扱ってるだけあって、ビールがサントリーモルツなお店で扱ってるボジョレーはほぼ100%このジョルジュです( 'ω')w


飲みやすいながらもしっかりとしたコクと余韻はありまして。
去年の味よりも好みですな( 'ω')なんか今年は不作だって聞いてたんだけども、流通量が少ないだけで味は良いのかな…。というわけで今年のキャッチコピーはこちら。
酸味と果実味とタンニンが見事なバランスで整っている。今世紀最高の出来と言われた2015年を彷彿とさせる芳醇さがあり、溌剌さとエレガンスさも兼ね揃えている

というわけで、評価的にも例年よりもおいしいらしいぞ…!
まだ飲んでない方はぜひどうぞ。早いうちがおいしいですよ( 'ω')



ボジョレーしか飲まない人やボジョレーそのものを見下す自称ワイン通も居ますが、僕としてはボジョレーはウェルカムだし、希少なボトルやビンテージばかり嗜むよりもその年その年ごとの味わいを纏ってみるのも一興かなって思うのね。
ボジョレーだけでワインを判断するのは勿体ないって思うけど、同時にボジョレーを飲まないワイン通も勿体ないって思うのでした( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)

さてさて。前回ブログで書きましたように大きな塊肉を仕入れまして。

image
 
800gで購入したけども、実質850g程度ありました( 'ω')
いくらだと思う?

とか言われても。まぁ800gの肉の塊を買う人もそんなに多くないとは思うので相場がイマイチ…かと。
例えば、ステーキハウスでよく食べる普通のステーキのサイズがだいたい160gとか180gとか。つまりこの塊の1/5程度です。

ちなみにこちら。
ステーキではサーロインと並んでメジャーになってきてるリブロース。
サーロインよりさっぱりした赤身なので、こっちの方が好きって人もいるくらい。


そんなこのリブロース850gのお値段、なんと3,600円( 'ω')
1/5カットにして170gずつでいただくのならば、一回当たり720円。
もちろん手間や人件費もあるので一概には比べられないものの、外食よりももちろんお得。
外食はそれこそ注文してただ席に座ってるだけで食べられるからね。




コストが安いのは良いとして、あとは「おいしいかどうか」と「そもそもおいしく焼けるかどうか」がカギ。
だって、ここが微妙ならば結局安いだけだし。

というわけで、焼いていきます( 'ω')

image

ちなみにステーキ肉というか厚切り肉の焼き方は諸説ありまして。
「最初は超強火が良い」だの、「終始弱火が良い」だの。
だいたい科学的に証明がほとんど終わってるらしいけども、その諸説を色々試してみたいと思います( 'ω')

なので焼き方はちょっと割愛。本当に納得いく調理法になったら改めて。






共通する大事なポイントとしては、
①低温でじっくり解凍
②焼く前に常温に馴染ませる
③焼く前に筋切り、下味を付ける
④焼き終えたらアルミホイルで包んで余熱保温

かな( 'ω')

まずは低温でじっくり解凍。電子レンジはダメ。
急激な温度変化をすると表面だけ先に溶けちゃって、表面はもうぬるくなってるのに中心部はカチカチ…なんて感じに。こうなると雑菌も増えますしあんまり良くない。

よって、冷蔵庫でゆっくりと解凍。ステーキサイズならば3~4時間くらいで良いくらいになるかと。
もしくはボウルに氷水を用意して、そこに投げ入れとくのもアリ。こちらの方が時間は早い。

ちなみに今回僕は冷凍庫→チルド→冷蔵庫、と徐々に温度を上げてゆっくりと解凍していきました。
ただしこの手法は時間もかかるし、タイミングも重要なので、あんまり素人にはオススメしません( 'ω')
そして僕も素人です( 'ω')w


で、見事解凍出来たら、次は室温に置いて馴染ませます。
いくら解凍出来たとはいえ、いきなり火に突っ込むとその温度変化がまたよろしくない。
これも諸説ありまして、「1時間置け」だの「5分でいい」だのあります。

ちなみに僕的な解凍目安は「溶け切ってないけども、真ん中を持つと重力に負けて垂れるくらい」です。
凍ってるとお肉の真ん中をつまんで持っても平行なままだけども、ある程度解凍されてると端が重力に負けて曲がっていく。その状態。

で、もう室温に戻す時間を計ったりとか面倒なので、筋切り&下処理の時間=室温に戻す時間って感じで( 'ω')
冷蔵庫から出して筋切り。そして塩や胡椒で下味を付けてる間に充分室温に馴染んでおります。

塩や胡椒は焼く直前に。塩を塗ると水分とともに旨みが出てきちゃいます。浸透圧的なアレです。
でね、岩塩とか黒コショウとかのメーカーにこだわっても良かったんだけど、別に後からソース作りますし…って事で特にこだわり無し。
塩はさっきも言ったけど浸透圧に関係あり。掛け過ぎは肉の旨みを流出させてしまうけども、適量ならば肉を引き締めてくれる。胡椒は香りづけ。



あとは焼く。
焼く過程は割愛します( 'ω')

そこが知りたいんだよ、って感じなんだろうけども、まだちょっと研究します( 'ω')
結果だけ言えば、「成功」でした( 'ω')



焼きあがったらトングで掴んでアルミホイルへin。

image

余熱でじんわりと熱を与えます。急激に冷めないからお肉にも優しい。
だし、そもそも焼きたてをカットするのって熱いじゃん?人にも優しい。

この置く時間も研究中で、とりあえず5分と仮定。10分くらいやりたかったんだけど、時間が無くて…( 'ω')




さて!完成です。
そして緊張のカット…。

image

Awesome( 'ω')
最高なミディアムレア。
肉汁が出るようならば失敗です。もちろん上から押し付ければ出るけども、つまりふんわりとした状態を保てている、という事。

やっぱりもうちょっとアルミホイルで包む時間を長くしても良かったかなーって感じ。
もっと焼いた方が好みならばもっと焼いても良いし、僕はこれくらいが良きです( 'ω')


お肉って基本的に外側に菌が付くので、外側だけ焼けば良いのです。古いお肉やホルモンはそうも行かないけども。
ただし、いわゆる加工肉とか切れ目が入ってるお肉とかって、その分表面が多かったり加工の段階で雑菌が入り込んだりするので、中心部まで火を通さないといけない。
メニューとかに「中心まで火を通してください」って書いてあるお肉、あるじゃんね?あれは何かしらの加工をしたお肉で、そういう表記をしなければいけないのです。

今回みたいに塊肉を自分でカットして焼く分には安心ですわな( 'ω')

今週はあとライブが2回。
焼き方研究するぞー( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)

どうも琴羽です。
牛肉を仕入れました。


image

どん!と置いてみるとあんまりインパクト無く見えるんだけども、横のハサミと比べて頂くとなんとなく大きさが分かるかなー、と。

横幅はいわゆるステーキサイズ。奥行は20cm程度。800g以上あります。
これを最初に袋から出す時は両手で抱えて出したので、完全に悪い事をしてる人の気分でした…( 'ω')
切ったりするときもピチャピチャ言うし。生肉を手で持った感触ってあまり良い物では無いし。

というわけでこちらをブッチャー。
程良いステーキサイズにカット。
image

見慣れた姿になりました( 'ω')
我ながら切るの上手いぞ…( 'ω')

こちらはしばらく冷凍しまして、ライブの日に焼きます。貴重なエネルギー。

ライブ前日夜にチルドへ出して、低温でゆっくりと解凍。
室温に1時間ほどならして、その間に筋切り。
焼き方はまぁ最高に拘らせていただきます( 'ω')

焼くときはまたそのことをブログに綴る…かな?





今更ながらステーキ弁当を買うよりも作った方が安いじゃない、という話。
しかも精肉系から仕入れれば安いしね。こういう時にネットって便利ね。昔じゃツテとかがなければできなかっただろうに。

ライブの日には牛肉を食べるようにしておりますので、来週には3回もステーキをいただく事に。
シンプルに体力が付く。あとはゲン担ぎというか、メンタル的な安心感もあると思われる。
あとはツアーの時にどうするかだよなぁー…そこだけが相変わらず解決しない。うーむ。

――――――――――
琴羽(kotoha)

すっかり食べ物メインになりかけているハロウィンライブ…。
一応出演するので改めて。

20171028

このフライヤーのいかにも自撮りしましたみたいなアレ。やや手を抜いたデザインも逆にそれっぽい。
メトホロからは僕だけの出演です。えっ僕以外もメトホロメンバーに見える?んなわけ( 'ω')

リョヲ汰はりょーたがあくまでも本人ではなく親戚だと言い張るので、今日メトホロ練習を終えたあとにGAMUの練習に向かうりょーたに「じゃあリョヲ汰くんはまだまだ練習する時間があるから明日には完璧だね!」と言ったらアウアウしてました。

憐は蓮の双子の妹らしいよ!
電話に出ると間違えられるという無駄な設定付きだよ!
そもそも双子に同じ名前付けるかね!どんな親だよ!軽率で雑な設定だね!

桃姫★とタツマはよく分かりません。セッション麺ですわ。ええ。


セットリストも公開してるので曲は予習しておくと良いよ。どうせYouTubeとかに全然公式じゃ無いやつが違法アップロードされてるって。
なんせ僕の前バンドのライブ映像も無断でアップロードされてますしね。




そしてフードの試作も終えました。
たこ焼きもベビーカステラも好評だったぞ!!

「あれ…おいしい…」みたいなリアクションだったので割と普通に期待を上回る数値を出せたんじゃないかと自負しております。
たこ焼きの出汁に拘った甲斐があった…。あと水は温泉天然水を使ってます。
他にも限られた予算の中でギリギリまで拘った材料を使いまして、納得頂ける味わいに仕上げております。

拘りって大事なんだけど、でもそれって受け取る側に気付かなければただの自己満足だと思うのです。
自己満足の全てが悪いとは言わない。例えば見えないオシャレは自分のモチベーションを高めたり、気分を変えたりもするし。

とはいえ、今回のフードに関して言えば僕は拘りを自己満足にしたくはなかったので。
フードを買うときにいくらでも拘りは話しますよ。将来的に飲食店を出したいマンなので、一切妥協も無いし、同じものを作り続けるのも苦にならない。
それで喜んでもらえるところを考えれば、なんか単純作業もどうでも良くなるね。

ベビーカステラも完成しまして、今は冷蔵庫で寝かせてあります。
一応オプションのトッピングとしてホイップクリームも用意してあります。ただしデフォルトでも蜂蜜入りなので甘め。お好みでどうぞ。


フードはどちらも400円。たくさん食べてね( 'ω')




続きましてドリンク。
人を選ぶレッドトリック。文字通りトリッキーな味。でも度数は低め。
甘めで飲みやすいブルートリート。デザートの様な味わい。ただし意外と度数は高い。
どちらも500円。



あ!あとチェキ!
枚数そんなに撮らないよ!売れ残っても使い道ないし!
一枚300円でございます。ランダム。メンバー指定は出来ません。




で、フードやドリンクやチェキ、あとはメトホロ物販も込みで、一度のお会計が1000円を超えるごとに2ショットチェキ引換券をプレゼント!
2000円超えてたら一度に2枚だね。ただし、端数の繰り越しはしません。

チェキそのものも非常にレアだし、2ショットとか多分今後また「セッション麺のコスプレをしよう」ってならない限りは売る気ないから最初で最後って説もあったり…。

なので、明日は実は非常にレアな物販なのかもしれない。ぜひぜひ。


イベント全体を通してお祭りのような一日になるので、盛大に騒いでください。
20171028_1


――――――――――
琴羽(kotoha)


僕はライブ前に必ずお肉を食べる。(という定期投稿)


お肉を食べなかった日もあるんだけど、やっぱり体力的に全然違う。今後も無理してでも食べたい。
最近で言えば大阪と滋賀の日はお肉を食べれなかったんだけど、食べてたらもっとポテンシャルの高いライブが出来たんだろうなーと思ってしまう。


前回のドリエモ定期公演でも食べました。

image

良い断面。

お肉とは言え何でも良いわけではなく、いささか条件がございます。

①牛肉
これは単純に僕が豚肉があまり好きじゃないという。
鶏肉は結構差が激しいので。ささみとか良いんだけどね。アスリートみたいで。
一回スモークチキン的なのを摂取してみたんだけど、長期的なスパンでタンパク質を欲するならば有効なんだけど、ライブ当日の体力構成のためには不向きだなと思いまして。
結果として牛肉。クオリティのブレも他の肉ほど大きくない。欠点はコスト。

②量は150g~ハーフポンド(=225g)弱程度
ただし付け合せにもよる。
肉だけならばハーフポンドでも行ける。
あんまり少なすぎると体感上意味が無い。

③味付けや付け合せは気分に合わせて
ここは自分の気持ちを高めるために制限は無し。
一緒にお米を食べるもよし。皮付きフライドポテトを食べるもよし。

④食事は本番4時間前までに済ませる
出ちゃうからね。



…と言う感じ。

前は現地で近くのお肉屋さんを調べて通ってたんだけど、まず探すのが手間。

いや、あるにはあるんだけど、営業時間がネックで。
というのも、だいたいリハの時間がランチ時かランチ後、本番がディナー時なので、ランチとディナーの間に行くことになる。となると開いてない場合が多い。
そりゃあ夕方15時とかにステーキ食べに来る人ってあんまりいないですよな…。


あと、店内で食べると時間がかかる。往復する移動時間、店内での待ち時間…とかね。
特に土日のライブの日はステーキ店ってめっちゃ並ぶんですよ。リハの合間を縫ってお店へ着いてもすごい行列な時も。
せっかく狙ってたお店を諦めて結局コンビニに寄ってライブハウスへとぼとぼ戻る…という悲しい過去も何度かあります。
完全にステーキを食べる気満々だったメンタルはコンビニで満たせるはずもなく。と言う感じ。



そこで。
最近のマイトレンドは「ステーキ弁当」。
これが便利でね。チェーン店系だと何店舗か取り扱ってる所があるんだけど、店舗数も多いしあらかじめ時間指定しておけば待ち時間も無いしね。
ライブハウスへ向かう時――ランチ営業中に受け取って、そのままライブハウスで食べる。このルーティンを作りました。


ワンマンの日はちょっと奮発しようかしらね( 'ω')

そんなワンマンはついに今週末!ドキドキする。でもワクワクの方が強い。
メトホロの挑戦、その瞬間をぜひ一緒に。
――――――――――
琴羽(kotoha)

このページのトップヘ