メトロホログラフィー。公式ブログ

名古屋で活動中のCityRock(シティロック)バンド「メトロホログラフィー。」の公式ブログ。主にメンバーが更新。お知らせ、日常など。

2017年04月

ロゴ

メトロホログラフィー。より、新たなお知らせです。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆* 

■サポートメンバー加入のお知らせ
メトロホログラフィー。は新たにサポートメンバーとして「じょー」(カモメカモネ)を迎えて活動を続ける事になりました。
今後のライブに於きましては、サポートメンバーの「じょー」を含む5人で活動をして参ります。



■ライブ日程一覧
5/6(土)…GOLDRUSH (メトホロの出演はRAD SEVENにて13:55より)
5/28(日)…下北沢VOICE FACTORY
6/3(土)…***
6/7(水)…***
6/8(木)…***
6/13(火)…***
6/24(土)…***



*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆* 



こんにちは、Tatsu丸です!


最近は昼頃凄く暖かくなってきて過ごしやすくなったので、そろそろまだ行ったことのない場所に行ってみよっかなと思っております!


基本的に自分は夜行性なので朝太陽の光を浴びると「目が、目がぁっ!」みたいな事をほぼ毎日言ってますが(事実)、外に出て色々見て回るなどの事は好きなので、昼過ぎくらいまでは出歩いてみたいと思います。

見たことのない景色は新鮮で良いよね。うん。そんな感じです(笑)


いつも同じ道を歩いてもつまんなく感じる時があるよね?ないかな(笑)

そんな時一本違った道を歩いてみるだけでも凄い新鮮で目的地まで早く着ける錯覚を覚えるくらいに楽しんでるんで最近バンド練の後は実は毎回違った道で帰ってたりします(笑)

まぁ帰りが夜中になるからちょっと危ないんだけども…


そんなこんなで色々と遠出とかして見たいけどまだちょっと余裕がないので近場でも探索?してみよっかなと思います(笑)


たまには楽器店巡りとかしてみよっかな?目の毒だけど…


とりあえず休日の昼間は嫌いなので家でゆっくりします!人多いのは勘弁!


とりあえず夜まで待機!


どーも!Ryo→taです!!!

髪切り過ぎました!

まぁそれはさておき久々にお出かけしてますよ。

しかも2日連続で。

この引きこもりの俺が!!

昨日は兄貴と服を買いに行き。

今日は友達とお出かけ。

まじリア充じゃん。

にしても暑すぎだよ。

夏じゃん。
髪切ってよかった。

そういえば昨日は熱田神宮にも行ったんだけどおみくじ引いたら見事に小吉でした。

まぁでも小吉って1番いい感じするよね。良すぎず悪すぎず。

今年も頑張ろ。今更だけど。

おわり。


こんにちは#

蓮です。

最近暖かい日が続いてるけど

そのうち真夏になってゆくのが

なんだか切ないそんな気持ち。

これくらいの温度でずっといればいいのに


そう、昨日は久しぶりに友達と会った。

友達と過ごす時間て本当に貴重。

なかなかタイミング合わせられない時が多くて

その友達とは10年以上付き合いがあるんだけど

昔と変わらず、心地よい相手。


そして最近のプリクラの凄さよ。

大人な雰囲気の2人で

あの若々しい所に乗り込んだよ。笑

久しぶりに撮ったから昔よりも技術が進化してて驚いた。

最後に撮ったのなんていつだろ。

記憶にない。。。

学生の頃なんて週3.4くらい撮ってた気がする。

プリクラは捨てずにずっと取っといてあるから

掘り起こせば当時のやついっぱい出てくるはず。

懐かしい話もあったり

最近起こった身の回りのことだったり

正直話足りない、聞き足りない。

こんななんでも話せる友達がいることは
嬉しいことだね。

口に出すことによって整理できることもあるし、

いい考えがもらえたり。

学生の頃に言った
「あたし達これから先もこんな感じでずっと付き合いがあるんだろうね」

て言葉が現実的になって良かった。

この先も変わらずの関係で居たいな。


それでは

おわり#





よく行くコンビニで深夜レジ打ちをしてくれるおじちゃん。
マンションですれ違うと世間話をしてくれる派手な色が好きなおばあちゃん。
何故か猫にリードを付けて散歩させるおばさん。


僕の生活に関わる視点としては、これらの人たちはそれ以上でも以下でも無く、「そのもの」である。レジ打ちをしてくれるおじちゃんが、実は求職活動をしながらも子を養うために繋ぎでバイトとしてしたくもないレジ打ちをしていようが、実はエリア統括店長だろうが、実は裏世界の住人でレジ打ちは人間活動の観察の一環に過ぎなかろうが、僕にはどうでもよくて。
仮にどれかに当てはまっていても、僕にとってレジ打ちをしてくれるおじちゃんは「レジ打ちをしてくれるおじちゃん」、である。


きっと、僕はその人たちの役割を担当していない状態には興味が無いのかもしれない。その人たちの演じる役割以外は僕の実生活には何も干渉しないわけだし。
猫にリードを付けて散歩させるおばさんは僕にとっては「そういう役割の人」なので、例えばもし僕が鳥貴族で一人で飲んでる時に隣の席で職場の飲み会が行われててその中で猫おばさんが一発芸とかやっていたら、僕はびっくりしてしまう。新たな一面を見つけてしまったな、と。
そうなると「猫にリードを付けて散歩させるおばさん」は「普段は猫にリードを付けて散歩させてて華金になると職場の飲み会ではっちゃけちゃうおばさん」へと進化するわけ。
そういうインパクトならどんどん増えてほしい。興味深い。

ただ、その人のイメージを著しく損なう一面は見たくないし、知りたくない。表面上で良いじゃん、って思っちゃう。


MAX87_burankodekodoku20140531_TP_V


僕は人間関係に関しても結構ドライな方だと思ってるので、「腹を割って話そう」みたいなアツい感じがヒドく苦手で。僕の中で全部を打ち明けられる人って片手で数えられるほど…って言おうと思ったけど、ゼロだった。差はあれど、全員に対してそれぞれ何かしら言ってない物がある。

だからきっと僕自身も他の人から見れば、「僕」という役割を持った人であり、全てが見えてるわけじゃない。
月の裏側が見えないように、僕も見えない部分がある。僕自身があまり自分について話さない人だしね。



ただ、アーティストを語る上で多少良い面もあるのかなって思う(ようにしてる)。
例えば尊敬するアーティストの私生活に仮に興味があるとしても、僕はすべてを知りたいとは思わないのね。さっきも言ったようにイメージを損なう一面を知りたくない。それなら理想像のままでいてほしい。
その考え方が根底にあるから、憶測だけどもきっと僕も無意識でそっちに寄っていってるんだと思う。

このブログを見てる人からすれば、僕は「鍵盤を弾いてる人」。それで良い。

――――――――――
琴羽(kotoha)

このページのトップヘ