メトロホログラフィー。公式ブログ

名古屋で活動中のCityRock(シティロック)バンド「メトロホログラフィー。」の公式ブログ。主にメンバーが更新。お知らせ、日常など。

タグ:バンド

ニスタマワシメ。琴羽です( 'ω')


最近のメトホロ、何やら不穏なうごめきを見せております。

例えば…。
 124

↑ツナのこれとか…( 'ω')

125

↑Ryo→taのこれとか…( 'ω')





まぁ要は楽器本体を塗装してるわけです( 'ω')
色々とハプニングやトラブルはありましたが、順調に進んでる( 'ω')
Ryo→taの塗装に関しては僕もちょっと手伝いました( 'ω')

しかし、二人ともボディーを白に…このままだとメトホロが白の一族になってしまう…!( 'ω')
衣装も白だし!( 'ω')


あとは全員顔も白塗りにすれば完璧だね( 'ω')




まぁそんな半分冗談な話は置いといて。  
近いうちになんか動くでしょう、きっと。

結構労力の必要な作業だったけども、こういう地道な事を自分たちの手でやる事ってすごく大事だと考える( 'ω')
どう活躍するかは楽しみにして貰えれば。近日中にまた登場するので( 'ω')きっとね。
 







それはそうと、1st full album「アシンメトリー」の情報を解禁いたしました!( 'ω')
やっと出せた!って感じ。僕もバンド歴が長くなってまいりましたが、実は人生初のフルアルバムです。
 
201612webフライヤー(1stA告知)-06-01
 
12曲も入ってる!( 'ω')
もちろん未発表曲多数。新たなメトホロを体感できるわけです( 'ω')

ちょっとずつ、情報も小出しにしていくので、解禁までお楽しみに!( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)

ニスタマワシメ。琴羽です( 'ω')

さて、ここら辺のブログの記事が回ってきたので、ふむふむと読んでいたところ。
貴方が何者であっても、新入社員には敬語で話すべき4つの理由 - 1分気付き見える化ブログ
年上だから偉い?ぼくが年下でも関係なく敬語で話す理由。 - 今日はどんな本音を語ろう 


たしかに。
二つのブログの主旨としては、年齢だけで偉いかどうかを判断するのは止めましょう、って事で。
そこからちょっと飛躍して「いやいやむしろ若い方が偉い」とか「全員に敬語を使う」とかそういう話もあります。
この辺は合ってる合ってないは全てには当てはまらないとは思うので、僕としては「確かに一理あるな」くらいで留めています。


僕も日常会話では敬語を使う事が多い。
ブログは敬語だと語尾がぼやけて伝わり辛くなる部分もあるので、ケースバイケース。
僕の場合は基本的には敬語、何度も会って仲良くなればタメ口でも徐々にアリかな、って思ってる( 'ω')


僕ね、アレが嫌いなんだよ。
年齢を知った瞬間にタメ口になる奴。
「そうなんですかー」「そうなんですよー」「おいくつなんですかー?」「◎◎です」「あ、そうなんだ」←え?
何がお前をそうさせた、って感じ。

でもこのケースに当てはまったとしても全部が全部じゃなくて。
30の人とかに言われるのは構わないよ。もし万が一音楽的に僕の方が優れていたとしても人生的になかなか先輩ですし。
でも、ほぼ同い年の人で急に偉そうになる人ってなんか冷めちゃう。ああ、年齢でしかマウントポジションを取れないのか…とすら思っちゃう。
じゃあもし僕が実は世界的に活躍してるアーティストだった、というのを後から知ったらどうする?そこから敬語になっとく?それともそのまま「ふ、ふーん…すごいんだねぇ…」とタメ口を押し通す?




こういう「芸ごと」の業界では、歴を基準に判断したりもするよね。僕としては年齢よりもずっと正確な指標だと思ってる。まだこっちの方が理解できるし、僕としては年齢の上下よりも歴の上下を重んじてる。
年齢は上だけど歴の浅い年上バンドマンに「そっかー!大阪でライブしたか!大変だろ?名古屋と違うだろ?」ってドヤ顔で力説されながら(大阪でのライブ…これで人生何十回目だろ…)とか思ってるんです、僕は。
「ライブした回数が多ければ偉いのか!」って言うのはブーメランで、「じゃあ年齢が上なら偉いのか」って話になる。そもそも何を以て偉いのかを決めなくても良いんじゃないかと思うんだよ。突き詰めていけばいつか誰かに負けるわけで。
だから、相手の事を良く知らないでタメ口を使うのは危険を孕んでるんです。怖い話だと思うよ。

例えば職場なら、そのバランスは業種で違うだろうけど「年齢」と「歴」で敬語かタメ口かって判断されてると思うのね。
バンドもきっと同じはずで。特にスキルや芸歴の比重も大きい業界だと思うので、変にタメ口にするのは僕はちょっと躊躇うなー( 'ω')

あ、あと重要なポイントとしては、「タメ口」ってシチュエーションによっては失礼になり得るけど、「敬語」は基本的に失礼な言い回しにはならないからね。楽だよ。




僕の使う敬語は、年齢やスキル、芸歴を加味したのち、さらに「親交度」をプラスして使ってます。
芸歴が下でも慣れるまでは敬語。逆に僕自身が初対面でいきなりタメ口をブッ刺してくる人にどうも馴れなくてね…。
これは僕が馴れてないせいも大きいと思う。




そう、環境要因って凄い大きいと思うんだよね。
小学校のクラブ活動や部活から始まり、中学、高校…とずっと先輩後輩の縛りの中で生きてきているわけで。
特に中学や高校なんて2歳前後の年齢差ですごいヒエラルキーでしょ。中学三年生や高校三年生には逆らえないくらいのレベルで年齢による上下関係が刷り込まれてる人は、本当に一歳単位で敬語かどうか決めてる場合もあったりして。




逆にもうちょっとマクロな感じで見て、そもそもの話へ。
そもそも全員に友人感覚で当たりに行く人はこの話に何にも当てはまらない。 
この話は職場上だったりビジネス間の関係だったりの前提なので、「友人との話し方」って見方で考えると成り立たない。
あ、あとはバンドに限らず最近はマルチプルなビジネスも増えたしベンチャーなり色んな働き方や立場があるから、さらに敬語とかの関係性は難しいよね。
でも互いに一定の敬意を持ち続けている関係って、素敵だなと思うんだよね( 'ω') 

image

軽めの飯テロをして、ブログを終えます。サーモンって素敵。
でもホタテはもっと素敵。
ホタテは名古屋のバンドマンの中で一番好きかもしれない。
 
――――――――――
琴羽(kotoha) 

ニスタマワシメ。琴羽です( 'ω')


最近ブログに書く事が溜まりすぎて困ってる!( 'ω')
こまめに書くと僕の記事ばっかりになるし、それはそれで困ってる!( 'ω')

そんなジレンマを抱えながら、日々強く生きています。どうもこんばんわ。


 

先日、月曜日にはロケートをハンティングしてきました。
いわゆるロケハン。

前回の2nd single「蜜会」のアー写の時もそうだったけど、やっぱり自分の目で見て確かめておきたいんだよね。本当に世界観として合致してるのか、とかさ。確かめたい。
用意された衣装を着て、用意された場所で、用意された舞台をこなす…みたいなの、あんまり好きじゃなくてさ。自分たちで作ってる感が感じられないから。

第三者を挟むことで、思いだったりやりたいことだったり少なからず僕たちがスピーカーとして発信したいと思っていることが、ちょっとずつ曲がっていく。
もちろん信頼のおけるチームを組んだり敏腕な人が付けば良い話なのかもしれない。 そういう音楽とは直接的に関係の無い雑務から解放されて、そういう事はそういう人たちに任せればいい、みたいな。
でもね、なるべくストレートに伝えたいなとは思ってて。それこそストレートに伝える事が容易に出来る今のうちにね。
何の制約も無く、僕らメンバー5人の世界感を余すことなく純度100%で表現できるわけだし。
 
僕は自分自身で全部掌握したいと思ってる人で。バンドのメンバー5人の意向を無視して「じゃあ次の撮影場所はこちらでーす」とか勝手に決められたくない。例えばそこがめっちゃ良い場所でも反発しそう。なんて大人げない…( 'ω')w



もちろん、確実に効率は悪いだろうね( 'ω')
それは分かってる。でもそうじゃなければ、だって別に極論としてはそもそも僕たちである必要が無いじゃない。
もし着せ替え人形状態なんだったら、構想ありきで僕らをきっと寄せていく形になるんでしょ。僕らじゃなくて良いもんな…( 'ω')

全てを準備してもらえる状態にあったらきっと他の雑念に振り回されず、ただパーフェクトなエンタメをすれば万事OK。
でもそれらの「バンドの周りの音楽に直接関係が無いかもしれない雑務たち」を雑念と呼ぶのならば、僕は雑念に振り回され続けたいし、とことん追い込みたい。良いものにするためにね。



机上の論理で行くならば、メンバー全員で関与するのが一番。
でも徐々に難しくなるはず。それはフットワーク的な面だったり、アーティスティックなこだわりだったり。
そうなっても僕がメンバーと外をつなぐコンダクターになっていたい。けど、出来る限りは全員で関わっていくよ( 'ω')





今回のロケハンで考えるならば、出来れば全員で場所を決めたいし、全員で場所を確認したい。という感じ。
で、最低でもメンバーの意見は揃えたいし、僕一人でもいいから必ず現地を下見したい。

というわけで、今回の場所はカメラマンから教えてもらった候補地をメンバー全員で吟味した結果決まった場所を、メンバー4人でロケハンしに行きました( 'ω')
さすがに日程がタイトすぎてツナが都合が合わず…だったんだけど、それでもほぼ全員で行けたからみんなそれぞれ構想は固まってきたんじゃないかな。

image

さすがにロケハンの詳しい画像はup出来ないので、モザイクで( 'ω')w
でもちょっと縮小して遠くから見ると…箱…??( 'ω')

しかしイマジネーションの膨らむ良い場所だった。ここでまた曲が書けそう。


――――――――――
琴羽(kotoha)
 

どうも!Ryo→taです!!

明日のハロウィンライブの練習をしました!!

久々にメトホロメンバー以外でスタジオに入りそして演奏しました。

コピーバンド久々にやったので、めちゃ楽しい!!!

当日が楽しみ!!!

やっぱりコピーもいいですなぁ。

そしてやっぱりマーシャルっていいですなぁ。

今まであんまり好きじゃなかったけど、マーシャルええな。

おわり。

ニスタマワシメ。琴羽です( 'ω')

あえてブログを夜中に更新するのが好き。
リアルタイムで広がらずにじんわりと読まれる感じとかさ。
あと、夜中の方が文字が浮かぶ。筆も進む。(タイピングだけど)



そんなわけで、本日は柴田事変の練習でした( 'ω')
柴田事変の練習は初だったので、まぁ初日となった今日は顔合わせがてら集まろうくらいの感じ。

一応説明しておくね( 'ω')
柴田事変とは、来たる10/22(土)に柴田@-hillにて行われるライブでの一夜限定バンド。
まぁ何をやるかはバンド名で察してちょうだい( 'ω')w
あとはメンバーが「●●(曲名)難しいなー」とかつぶやいてたりしてほんのりとやる曲も漏れてるので、推察して予習しといてください( 'ω')w

知ってても知らなくても楽しめるようにはしてるからさ。
別に振り付けなんかも無いし、知らなくても見てて楽しめるようなステージにするし、特に心配いらないかなって感じ( 'ω')




今日はツナさんがお休み。ツナさんも多忙なのでね…( 'ω')
というか本番当日まで一度もメンバー全員揃って練習できない危機。そこが最大のネック。
メンツ的にはそんなに心配していないので、心のどっかで「大丈夫っしょ」とか思ってるんだけど、何と言ってもコピー元がコピー元なので中途半端にはしたくない。
個人でどのレベルまで詰めれるかですな( 'ω')

今日合わせた感じ、結構課題は多そうなので。僕もコードは覚えて行ったけどそれだけだったから全然他の音に気を配れずに撃沈。
他のパートの音が正解かどうか分かるようになってないとダメだな、って痛感。
次の練習の時には完成形に持っていきたいね( 'ω')

 



最近すっかり秋めいてきましたね( 'ω')
僕は最近テロテロした服ばっかりです( 'ω')

image
 
流行りが終わらないとそのファッションアイテムは身に付けたくない派。というかただ疎いだけ…( 'ω')w
やっぱりあんまり服を買ってる余裕も無いのでね…。特にバンドマンってあんまり身に着けるモノに拘らないイメージがある。
まぁ僕もどっちかというとそのタイプで、物持ちも大変よろしいので靴も履きつぶすまで履いちゃうんだよね。
でも少しずつなんか買っていこうと思うようにはなったかな。昔の「着れれば何でもOK」みたいな感じからはかなり進歩( 'ω')w

外見を変えればテンション感も変わるし、結構大事なファクターなんだなと改めて気づいたわけよ( 'ω') 
ちなみに髪色が髪色なので、色合わせがすごい難しい。でもハマる時はトータルでハマるので、それはそれで楽しい( 'ω')



とはいえ寒暖差の激しい最近は、中々服装にも悩むところ。
そして風邪が流行ってます。気を付けてね( 'ω')

僕もやられかけたけど、まぁメンバーがやられてる程度のウイルスには負けないよね( 'ω')w
でも冗談みたいな話だけど、気を強く持つのは大事だよ。体調はメンタルに左右されやすい。思い込みで怠くなったりもするしさ。
とはいっても、2年に1回程度発熱するけどね。でも1日完全にオフにしてずっと寝てたらかなり良くなる。睡眠と食事は最高の治療薬だと思う( 'ω')

ともあれお気を付けください。人混みへ突入するときはマスクを。道を歩いててもウイルス持ってる人に限ってマスクをしないので、自衛するのが良いですよなー( 'ω')


秋にはライブもたくさん。
万全の状態で楽しみたいじゃん( 'ω')
もちろん僕らも気を付けないとね( 'ω')

――――――――――
琴羽(kotoha)

このページのトップヘ